映画ビッグフレンドリージャイアントの評価と感想!少しネタバレ

この記事は2分で読めます

映画ビッグフレンドリージャイアントの評価と感想を紹介したいと思います。

ビッグフレンドリージャイアントはスティーブン・スピルバーグ監督による2016年のアメリカのファンタジー映画です。

スピルバーグ監督ということで、上映前からかなり注目を浴びていました。

今回は、映画ビッグフレンドリージャイアントの評価と感想、そして、少しのネタバレを紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

映画ビッグフレンドリージャイアントとは?

 

映画ビッグブレンドリージャイアントの監督はスピルバーグ監督だと紹介しましたが、実は話題になっているのスピルバーグ監督だからだけではないです。

 

チャーリーとチョコレート工場やマチルダの原作者ロアルド・ダールの作品です。

 

原作は『オ・ヤサシ巨人 BFG』というそうです。

 

さらに映画BFG(ビッグブレンドリージャイアント)はディズニー作品だということです。

 

ディズニー映画ということもあり、今後なんらかの形でディズニーグッズにもなるんだろうなと思います。

キャスト

マーク・ライランス ルビー・バーンヒル レベッカ・ホール ペネロープ・ウィルトン

監督: スティーヴン・スピルバーグ
原作者: ロアルド・ダール
音楽: ジョン・ウィリアムズ
脚本: メリッサ・マシスン

評価と感想

9月17日公開ということで、続々と感想が届いています。

 

 ディズニー系で主役をした子役は今後注目されます!

絶対に損はないですね!

観たいという期待はかなり大きいようですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-18-47-21

ドキドキ感と笑いがある作品だそうです。

試写会に行ってきた人の評価はかなり高いようですね。

面白かったそうです!

 

これからどんどん評価や感想を追記していきたいと思います!

Sponsored Link


 
 

少しのネタバレとあらすじ

 

※まだ観ていない人もたくさんいると思いますので、完全なネタバレはしません!

 

あらすじ程度なので、安心してご覧ください!

 

あらすじとネタバレ

ロンドンの児童養護施設で暮らす10歳の女の子ソフィーは1人ぼっちでした。

真夜中になると、いつも何かが現れる・・・

そんな感覚があったある日の真夜中、ソフィーは巨人に、ベッドから毛布ごと連れさられてしまいます。

連れされた場所は、巨人の国でした。

ソフィーを連れ去った巨人の名前はビッグフレンドリージャイアント。

ビッグフレンドリージャイアントは、身長7メートルもありますが、子どもたちに夢を届ける『夢の配達人』でした。

やさしい巨人のビッグフレンドリージャイアントとソフィーはすぐに友達になり、BFGと呼ぶようになります。

しかし、いい夢もあれば、悪い夢もあります。

巨人も1人ではありません。

ある日、巨人たちがロンドンに向かっていることをしり、イギリスに最大の危機が訪れます。

イギリスに襲いかかる危機をふたりの奇妙な友情が救う物語です。

 

まとめ

 

話題のディズニー映画ビッグフレンドリージャイアント。

 

スピルバーグ監督は『この作品は友情や冒険を描いた、ファンタジーを超えた特別な映画です』と言っています!

 

ディズニー映画であり、スピルバーグ監督ということもあって、前評判はかなり高いです。

 

ディズニー映画はへんな気持ちにならずに見れるので、ハズレがないという安心感がありますよね。

 

この記事ではどんどんと評価や感想を載せていきますので、映画を観るかどうか迷ったときの参考になればうれしいです。

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki