映画一週間フレンズの結末ラスト最後のネタバレ!あらすじや評判も!

この記事は4分で読めます

映画一週間フレンズの結末やラストはどうなっているのか気になりますよね。

最後にどうなるのかが気になるところです。

今回は、映画一週間フレンズの結末やラストについて、最後どうなってしまうのかネタバレを紹介していきます。

あらすじや評判を紹介するので、ぜひ、映画を見に行く参考にしてみてください。

Sponsored Link

映画一週間フレンズの結末ラストの前に

 

ネタバレになってしまうので、これより先は読みたくない人このブロックを飛ばしてお読みくださいね。

結末やラストといった、最後のネタバレを紹介していきます。

一週間フレンズは原作マンガが存在しており、もう連載が終了して結末を知っている人もいるかもしれません。

映画ではどうなるのか注目されています。

ちなみに原作マンガは単行本にして全7巻です。

ちょうどいい長さ!

と感じました。

バトルものなどは話の進みが遅いので、いろいろ発行巻数が増えるかもしれませんが、恋愛もの、心情描写ものは、あまり長く連載して、最初の趣旨と変わってくる場合もありますが、全7巻という巻数は個人的には、ちょうどいい巻数で終わったのではないかなと思います。

もちろん、原作ファンとしては、終わってほしくないという気持ちも理解できます。

もう、あのキャラクターに会えなくなるのか~という喪失感はけっこうキツいところ。

映画版ではどのような結末ラストを迎えるのか・・・それはそれでけっこう楽しみな部分があります。

結末ラストのネタバレをする前にあらすじを一度チェックしておきましょう。

ネタバレする前に『あらすじ』を整理しておくと、結末がスっと入ってきやすいかなと思います。

一週間フレンズのあらすじや評判

 

一週間しか友達としての記憶が続かない香織。

月曜日には友達の記憶がリセットされてしまう香織に思いをよせるのは、高校2年生の長谷祐樹。

長谷は初めてあった時から香織に惹かれ、思い切って『友達になってください』というも、拒まれる。

長谷は記憶が1週間しか持たないことを知っても、香織のそばにいたいと思い、『交換日記』を始める。

二人はだんだん距離を縮めていくが、香織の過去を知る人物『九条』が現れ変わっていく。

香織の記憶や過去から記憶喪失の謎がだんだん明かされていく。

長谷と香織の関係はどうなっていくのか。

というお話です。

ざっと書くと、こんな感じですね。

もっと登場人物はたくさんいるのですが、ここでは細かいネタバレはせず、結末ラストに向けての最後のネタバレに関係する『あらすじ』だけを紹介してみました。

こういった恋愛系のストーリーの評判はなかなかいいようです。

泣ける恋愛もの。

かなり結末も気になるし、バッドエンドでもなさそうです。

評判もなかなかいいみたいです。

では、結末ラストのネタバレをしていきたと思います。

最後はどうなってしまうのか・・・

映画一週間フレンズの結末ラストネタバレ

 

実はマンガと結末が異なる場合もあるんですよね。

受け取り方は人それぞれなのですが、原作マンガは『ラブストーリー感がそんなに出てない』という人もいるようです。

この感覚はほんと人それぞれですが、設定的にはラブストリーかな~と感じる人もいれば、記憶ミステリーという展開も予想できますからね。

かわいいアニメかと思いきやけっこう描写のキツいシリアスなストーリーだった・・・なんてことも近年でもありましたね。

ただの魔法少女の話かと思いきや・・・(笑)

しかし、映画化した1週間フレンズは、思いっきりラブストーリーになっているので、わかりやすいですね。


Sponsored Link


 

結末はどうなってしまうのか、原作と変わっているのかが見どころでもあります。

1週間フレンズ原作の最後のネタバレ

 

原作の結末ラストのネタバレについて書いていきますね。

最後はどうなってしまうかというと、実は『恋人には発展しません』ということです。

そう聞くと、バッドエンドかなと思うかもしれませんが、物語のタイトルから考えると恋人になってしまうと合わないのです。(いや、あえてその結末もアリかなと個人的には思いますが・・・)

どこかで予想できるかわかりませんが、そりゃ人が考えることなので、日本中のだれかの予想はあたりますよね。

一週間フレンズというキーワードから、『大切な友達』として青春の思い出になるということも考えられますし、『友達だから』こそ別の人との恋を応援して終わるということも考えらます。

では、原作の最後はどうなってしまったのかというと、

『最後のやり取り』でキレイな着地という感じですね。

香織の記憶喪失の秘密が明らかになり、記憶喪失の症状がなくなります。

そして、今回のメインキーワード『ぼくと友達になってください』改めていいます。

「最後にやっぱりどうしても言っておきたいことがあって…俺とまた友達になってください」

「…はい!」

このやりとりの後、気持ち的には二人とも両想いなのかなという感じですが、はっきりと付き合うという描写はありません。

ただ、最後に

香織「またみんなで集まって遊ぼうね!」

長谷「はい!」

香織「あと、2人だけでも遊ぼうね」

長谷「はい!…え?」

香織「これからもよろしくね!」

マンガや映画だと表情もわかりやすいですが、こういった会話だけでも、あらすじや結末部分を知っているだけで、物語が綺麗な着地を迎えたということがわかりますね。

想像通りだったという人もいるかもしれませんが、ハッピーエンドのベタは嫌いな人はあまりいないように感じます。

ハッピーエンドが嫌いな人が多いと夢の国が成り立ちません(笑)

原作マンガが綺麗に着地したので、実写映画でこのラストをいじるとはなかなか考えにくいですよね。

もしかしたら、まったく違うストーリーに・・・なんて期待もあったかもしれませんが、映画のCMなど見るとやはり、一番きれいな着地は原作通りかなと思いました。

が、しかし、実は原作通りではありません!!


そうなんです。

実は結末は『原作とはちがう!!!』ということです。

しかし、バッドエンドではなく感動する終わり方のようです。

 

どうやら、恋愛スト―リーであり、純粋なストーリーでもあるということです。

おそらくラストシーン周辺では、今回のキーワード『僕と友達になってください』という言葉が使われると思いますが、それが恋愛感情なのか、友情が強いのか。

結末はわかりやすく描くのではなく、見た人が考える系かなと思いました。

ここまでで結末ラストがある程度見えていても、実際に見てみると感じ方がちがうかもしれません。

ぜひ、映画館にいって、結末ラストがどうなっていたのかを改めて見てみるとより面白いと思います。

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki