ギャラクシーS8の日本発売最新情報!ペンや機能と予約について

この記事は3分で読めます

今何かと話題のサムスン電子から発売されている、スマホのギャラクシーシリーズ。今回はギャラクシーs8の日本発売時期やペンや機能についての最新情報について紹介していきます。もちろん、現時点でのなので、情報が入りしだいどんどん追加していきます。

サムスン電子がギャラクシーs8と逆シーs8+を発表しました。

ギャラクシーシリーズに関しては過去に発火問題があったことから、心配の声も上がっていますが、今回のギャラクシーs8では、そのようなことがないようにしていると思います。(当たり前ですが・・・)

というのも、サムスンの問題は、ギャラクシーノート7の発火問題だけでなく、グループトップの汚職事件のせいでかなり信頼度がオチてしまっていると思われるので、今回のギャラクシーS8には、会社の運命がかかっているんじゃないかと思います。

なので、いつも以上に気合が入っているんじゃないかなと個人的には思いました。

それでは、どれくら気合が入ったものなのか、機能など最新情報を見ていきましょう。

Sponsored Link

最新情報

ニューヨークでサムスンの無線事業部長がギャラクシーs8とギャラクシs8+を発表したのですが、この発表の場で『スマートフォンデザインの新時代』を画するものと言ったそうです。

新時代です!

ということは、何かこれまでのスマートフォンとは違う何かがギャラクシーs8シリーズにはあるということです。

何がちがうのかは、まだ明かされていませんが、『インフィニティーディスプレー』と呼ばれるガラス製のスクリーンが使用されているとのこと。

またホームボタンが廃止され、防水や虹彩スキャンにようる生体承認機能もあるようです。

サムスンの新デジタルアシスト機能Bixbyを搭載しているそうです。BixbyはiPhoneのSiriみたいな機能だということです。

ギャラクシーS8 はペンが付く?

ギャラクシーノートシリーズのSペンが搭載されてもおかしくないとのうわさがあります。

ボタンの廃止もあるのですが、Galaxynote7が販売停止になってとはいえ、よく売れていたという経緯があるので、安全でなおかつペンがつくと売れるかもしれませんね。

なので、ペンが付く可能性が高いです。

また、Galaxys8の専用ケースには、Galaxynoteシリーズと同様にSペン用の穴が開いていることからも、Sペンが搭載される可能性は高いと思われます。

ギャラクシーs8の発売日はいつ?

海外の情報なので、まだ日本のでの発売は未定ですが、もっとも有力なのは、4月中旬には海外で発売されるのではないかとうわさされています。

値段はだいたい750ドルくらいなるのではないかと言われています。

これもわかり次第追記していきたいと思います。

Sponsored Link


 

ギャラクシーs8の機能やスペックは?

発売モデル Galaxy S8 Galaxy S8+
OS Android 7.0
チップセットCPU サムスン Exynos 9 (8895)クアルコム Snapdragon835

(2モデル制)

Exynos 9は性能27%増・電力40%減・ギガビットLTE対応
メモリ 4GB / 6GB
容量 64GB
画面 5.8インチ 6.2インチ
画面密度 571ppi 529ppi
画面特徴 「edge」シリーズのような曲面ディスプレイで、Galaxy S7シリーズより画面サイズが大きい。フチのない、べゼルレスなディスプレイ”infinity display(インフィニティディスプレイ)スーパーAMOLEDディスプレイ

Galaxy edgeシリーズのようなエッジスクリーンに、上下のベゼルレス化も手伝って、画面占有率は驚異の84.26%/83.32%
画面占有率 84.26% 83.32%
画面解像度 2960×1440画面アスペクト比率18.5:9 (2.06:1)
メインカメラ 1200万画素、F値1.7、光学手ブレ補正、オートHDR、4Kビデオ録画
フロントカメラ 800万画素、 f/1.7
AI iPhoneのSiriのような人工知能AIアシスタント「Bixby」を搭載
通信 4G LTE:Cat.16/13 (1Gbps/150Mbps)Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac、Wi-Fi Direct、 Bluetooth 5.0
その他 ホームボタンは画面上に指紋認証センサーは本体背面に
3.5mmヘッドフォン あり
USB Type-C USB Type-C (v3.1);
microSDカードスロット あり。256GBまで対応
バッテリー 3,000mAhQuickCharge 2.0 3500mAhQuickCharge 2.0
重さ 152g 173g
防水防塵 IP68
サウンド 傘下AKG製のヘッドフォン
センサー 加速度センサー、環境光、ジャイロ、ホールセンサ、近接センサー、虹彩認証センサー
本体カラー アークティックシルバーオーキッドグレイ

ブラック スカイ

メイプルゴールド

コーラルブルー
EIZOによるDCI-P3にカラーの色域が拡張されるそうです。DCI-P3はアメリカの映画政策会社でこうさえいされる業界団体DigitalCinemaInitiativesで定められたデジタルシネマ規格のことだそうです。

つまり、映像が半端なくきれいであるということですね。

アクセサリーがすごい

どうやら、AKGブランドのヘッドホンがついてくるという噂があります。サムスンはAKGやJBLといったメーカーを傘下に持つオーディオのハーマンを買収したので、もしかしたらかなりよいブランドのイヤホンやヘッドホンがついてくるのではないかと言わています。

日本での予約開始はいつ?

海外での発売が4月中旬だとすると、夏までにはくるのではないかなと思います。

なので、海外の情報が確定次第、携帯会社に問い合わせしてもいいかもしれませんね。

夏休み前の7月などが一番有力ではないかなと予想しています(情報をもっている方コメントにぜひ情報をくださいませ~)

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki