映画何者の感想と評判!現実の就職活動あるあるやギャップは?

この記事は3分で読めます

朝井リョウ先生の小説「何者」が映画化され、話題をよんでいます。

ストーリーとしては、現代の若者が就職活動を通して、自分が何者であるのかを考え人間的に成長していく中でのヒューマンドラマとなっているようです。

今回は「何者」の映画を通しての感想や評判、現実の就職活動のあるあるやギャップについて考察していきたいと思います。

Sponsored Link

映画「何者」のキャスト

 

何者のキャストはこちら

佐藤健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生 山田孝之

現代をときめく若手俳優4人と圧倒的存在感の山田孝之さんがとても魅力的です。

 

スーツを身にまとったそれぞれの若手俳優の姿は新鮮に感じるかもしれませんね。

 

これは現実とギャップがあるかもしれません。

 

就職活動の場にいっしょにいたら、かなり浮くかもしれません。

 

かっこよすぎですし、可愛すぎでしょう〜笑

 

という感想になるかなと思ったのですが、「あれ?こんなヤツも就活のときにいたかも・・・」と思わせるのはさすが役者さんですね。

 

さらに音楽は中田ヤスタカさんという、キャストから音楽まで抜かりない、ヒット間違いなしの映画ですね。

何者の見どころとは?

 

若者とたちの人間関係やSNSという新時代就職活動の状況が垣間見えます。

 

SNSが人間関係にもたらす影響がリアルに感じられると思います。

 

SNSが当たり前になった現代、就活生は「あるある」とついつい頷いてしまうかもしれませんね。

 

大学生という学生から人生の転機と言うべき、就職活動を前にどのうように向き合っていくのか、観ている人を引き込んでいきます。

映画何者の感想や評判

 


Sponsored Link


 

何者は就職活動あるある満載

 


やはり就活生や就活経験者のあるあるをくすぐってきますね笑

共感や社会へ訴えるメッセージも備わっている良い映画という感想でしょうか。


コミュニケーション、社会への適応能力・・・いろいろ考えさせられます。

SNSホラーとはよく言ったものですね。

一番怖いのは人間・・・そんなことすらも感じさせられるのかもしれません。

他人ってすごく見えちゃんですよね〜



やはり就活生は突っ込みたくなることがたくさんあるようですね。

現実とのギャップは?


 

twitterでの感想をみても、少しツッコミたくなるところはあるようですが、現実とのギャップを感じるというよりも、就活生や就活系経験者の心をがっつりつかむ「あるある」といった感想の方が多かったです。

 

キャストや音楽も豪華ですし、これから就活を控えた大学生は疑似体験として観てみるのもアリかもしれません。

 

そして、自分が何者であるのか、自分の人生について考えるいいきっかけになると思います。

 

この記事で、少しでも映画「何者」を観てみようと思っていただければうれしいです。

 

最後までお読み下さりありがとうございました。


Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki