パクツイ男の逮捕理由とは?デジタル窃盗の意味や似た事例まとめ

この記事は3分で読めます

ツイッターで話題を呼んでいる事件、それが『パクツイ』での逮捕です。ツイートをぱくってしまうと実は逮捕されてしまうということをニュースで初めて知ったという人もいるかもしれません。

パクツイをするとなぜ逮捕されるのか、その理由やデジタル窃盗の基準や事例についてまとめてみました。

Sponsored Link

ツイッターで逮捕で広がる不安

ツイッターは、何気ない言葉をつぶやける、非常に便利で私たちの身近になっているものです。身近すぎて、自分が口にしていることと同じような感覚になってしまいます。

それほど、現在ツイッターは私たちの社会の一部であり、私たちの体の一部となっているので、ツイートする人はかなり注意が必要ということになってきます。

今回のパクツイでの逮捕というのはかなり衝撃的なものがありました。

ツイッターを使っている人なら、

『ツイッターで逮捕ってなんだろう?』

『私もツイッター使っているけど、大丈夫かな・・・』

という不安も出てくると思います。

そこで、今回はパクツイとは何なのか、逮捕される理由とはなんなのかを紹介していきます。

パクツイとは

Twitterでの他人のつぶやきをあたかも自分が考えたようにそのままツイートすること。「パクリツイート」の略。

パクツイばかり繰り返して他人の注目を集めたい人を「パクツイ厨」や「パクリツイッタラー」という。

引用元:HatenaKeyword

パクツイとは、つまりツイッターでの人のつぶやきをあたかも自分で考えたかのようにそのままツイートすることなんですね。ツイッターでのつぶやきをパクると、フォロワーが増えると予想できます。

よいつぶやきをするとフォロワーが増える可能性が高いのです。多くの人がリツイートしたり、します。

ただ単にパクツイをした人のフォロワーが増えるだけなら、逮捕なんてことにはならないと思いますが、このパクツイは、かなり他人に迷惑をかけてしまいます。

パクツイをした人のフォロワーはかなり増えるかもしれませんが、パクられた人は『これはパクツイじゃない?』とオリジナルのほうが疑われてしまいます。

ツイートをパクる人はツイッター上で嫌われるため、ブロックやフォロー解除につながってしまいます。

多くの人が間違ってオリジナルの方を『これは悪質なアカウント』としてしまうと、最悪の場合『アカウント停止』までになってしまう恐れがあります。

パクツイをすることは、ツイッター上で嫌われるので、オリジナルの方にも多大なる迷惑になるので、やめましょう。

パクツイで逮捕される理由とは

ツイッター上でツイートをパクる『パクツイ』がかなりの迷惑行為であることは確かですが、どうして逮捕までされるのか。

それには理由がありました。

ツイッター上のつぶやきは、『著作物』としても考えることができるからです。『著作物』としてツイートを扱う場合、パクツイは著作権侵害ということになります。

『著作物』と言えるためには、ある程度の創作性が必要です。パクられるようなツイートであれば、通常は創作性があるでしょうから、著作物であることが多いと考えられます。

したがって、パクツイ行為は、他人の著作物について、作者の名前を表示せずに、無断で複製・公衆送信していることになり、著作権侵害となります。

より具体的には、複製権や公衆送信権、氏名表示権などの侵害ということになるでしょう

引用元:弁護士ドットコムNEWS

パクツイはツイッターの利用規約上もOKとはされていません。

ツイッターのつぶやきは、実はツイッター社自身やパートナー企業が利用することはできるのですが、それ以外の第三者がツイートを利用することは利用規約上には書かれていないのです。

やはり、ツイートが著作物と認められる内容だった場合、パクツイは法律違反となってしまうようです。

Sponsored Link


 

デジタル窃盗の意味や似た事例

パクツイの逮捕の理由でデジタル窃盗という言葉がでてきました。

デジタル窃盗という言葉を初めて聞いた人もいるかもしれません。ではデジタル窃盗とはどういう意味なのかを考えていきたいと思います。

デジタル窃盗と似た言葉でデジタル万引きという言葉があります。

デジタル万引きは本屋さんなどで立ち読みし、ページを写真でとったりするなどの迷惑行為です。文章や画像がそのままスマホや携帯に入ってしまうのだから万引きとかわりありませんね。最低です。

実は、デジタル万引き=窃盗とはならない可能性も高いのがややこしいところなのです。

通常『窃盗罪』とは、『財物』が盗まれることを意味するそうです。財物とは、有体物、形あるもののことを言います。

しかし、現在、画像やデータは『財物』として扱われていないので、デジタル万引き=窃盗罪とはならないのです。

そういった意味もあってから、今回のパクツイの逮捕の理由が『デジタル窃盗』と言われているのかもしれません。

今後この『デジタル窃盗』という言葉が浸透してくるかもしれません。

まとめ

法律的に今後どうな徹底くのかが注目です。

デジタル窃盗という新しい言葉も出てきましたし、パクツイで逮捕されるということも広まっていくと考えられます。

他人の言葉で人をひきつけようとすると、最後には嫌な結末がまっているのだなと改めて感じました。

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki