サイハテドライブのラスト結末や続編は?ネタバレやあらすじ

この記事は3分で読めます

いよいよ最終回を読むときがきてしまいました。

卓球漫画でもかっこいい画でもおなじみ?サイハテドライブのラスト結末を語るときがきましたね。

今回、少しマニアック?な漫画でもあるサイハテドライブの最終回・ラスト結末について、そして続編について語っていきたいと思います。

なので、ネタバレも含みます。

そして、卓球好きは読んでるかもしれませんが、野球漫画やサッカー漫画に比べるとまだまだ人気になる可能性がのが卓球漫画です。

今回は、知らない人も多いかもしれませんので、漫画の宣伝のためにも、あらすじから紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

サイハテドライブのあらすじとネタバレ

 

卓球で活躍している人って、福原愛選手をはじめ、意外と卓球一家というか、幼いころから英才教育をつんでいる人が多いのかなと思います。

卓球は、世界最速の反射神経を競うと同時に相手をコントロールするという、身体能力と頭の回転が必要となるスポーツで実は奥が深いんですよね。

なので、卓球選手って、実はアスリートのなかでもと筋力とを除けば、身体能力がいるスポーツなんです。

もちろん、筋力もあればあるほど、回転が強かったり速い打球もうてるですが、卓球台からそれたら意味ないです。

あくまで個人的な意見ですが、学校の成績でいうと、5段階評価なら、何かが5で、なにか2よりも、すべてにおいて4である方がいいのかもしれません。

自分で書いていて、少しわかりにくいかなと思うのですが・・・感覚が伝わればいいですね。あくまで個人的な感覚ですが。

あくまで例えなので、すべて5のアスリートはどのスポーツの世界にもいます。

イチローさんみたいな、天才であり秀才みたいな感じですね。

走攻守全てそろっている人は、どのスポーツにもいるわけです。(おい、結局野球に例えてるじゃねーか!)

何がいいたかったのかというと、実は卓球もけっこうしんどい、才能とか努力とかが、如実に現れるスポーツなんですよということです。

このことを含め、読むとまた違った感覚で読むことができるんじゃないかなと思います。

では、そろそろ、サイハテドライブのあらすじに行きましょう!

主人公は、有名な卓球一家に生まれた卓海くんです。小さい頃から恵まれた環境、英才教育をうけ、卓球の実力をつけてきました。そんな卓海も高校生になります。

母親と中高一貫校の鼎学園に訪れたとき、卓海と難度も全国大会で対戦しているライバル嵐場一己と再会します。ライバルとあったらすることは1つ、勝負っぽいことですね。

最初は練習相手として付き合わされる卓海ですが、しだいに勝負になります。そこで嵐場一己に敗北してしまうのですが、実は卓海くん・・・悔しくありません。というのも卓海はいままで自分で卓球をやっているという感覚がないのです。

英才教育の悪い部分、『自分は誰のためにやっているのか・・・』という部分がここで描かれている(ように思いました・・・)

悔しさをみせない卓海に、嵐場一己がキレます!同年代のヤツから、『お前は、なんなんだ!!!』的なパーソナルの部分を刺激されるわけですね。そこで、卓海くんは刺激を受けちゃうわけですよ!!

『俺の名は・・・』的な感じで自分に目覚めるんです。

卓海はいっしょに来ていた母親に言うわけです。『ボクの行きたい学校は・・・』

ここでフツーなら、地元の弱小卓球部でインターハイでライバルの嵐場一己と再会し、勝利するという流れ・・・なのですがこの漫画が面白いと思ったところは、そのままライバルのいる鼎学園に入っちゃうんですよね。

主人公とライバルの対決漫画ではなく、主人公とライバルの共闘です。仲間になって、切磋琢磨して成長していくという物語です。

Sponsored Link


 


サイハテドライブのラスト結末はどうなるの?少しのネタバレ

 

サイハテドライブのラスト結末はどうなってしまうのでしょうか?

最終回を知るのってなかなか怖いという感情もありますよね。

去年末からも注目、こんなツイートが・・・

やはり残念に思う人も多いようですね。

全2巻ということもあって非常に読みやすい漫画ではありますよね。

ラスト結末が書いてある第2巻のネタバレをしてしてしまうと、インターハイまでの残り1ヶ月が描かれています。

読んだことない人にとっては・・・インターハイの決勝とかをメインに描くんじゃないの?と思うかもしれませんが、そうなんです。

インターハイまでの1ヶ月というのが最終巻では描かれるのです。

成長をする過程の、焦りだったり、チーム内での対抗意識だったりがうまく描かれています。

そうなんです。

人にもよりますが、結構きれいな終わり方だな〜と思う人も多いようですね。

ここでって感じですが、終わり方としてはアリみたいな感じですね。

最終回を詳しく描写してしまうと、びっくり感がうすれてしまいますね。

でも、続編とか、できそうですよね。

サイハテドライブの続編は?

 

綺麗な終わり方をしたものは、続編は作られにくいと思うので、なかなかないかもしれません。

それこそ、あだち充先生のタッチとかMIXみたいに、なる可能性はなくはないですね。

何十年後の・・・別の世代のお話とかを詳しく描く感じです。

そこまで行ってくれたら面白いんですけどね〜

続編が作れるか作れないか・・・それぞれ意見がわかれそうです。

サイハテドライブは、画が好きという人もいると思いますので、そこから卓球に興味がわく人もいると思います。

オリンピックで男子卓球も注目されつつあり、また卓球ブームがきそうなときに連載終了するのは非常にもったいない気がするのですが、これからどんどん卓球漫画が増えればいいなと思います。

女子卓球漫画とかもぜったい注目されそうですよね。

サイハテドライブが終わってしまうのは非常に残念ですが、奥悠先生の次回作に期待しましょう。

サイハテドライブ全2巻発売中です。

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki