スーパームーンが見れない?(2016年11月14日)が出現する時間帯

この記事は2分で読めます

2016年11月14日は68年ぶりにスーパームーンを見られるということで、スーパームーンの出現する時間帯を簡単にまとめました。

見れない!という悲劇をできるだけ避けるためにも、出現する時間帯や方角だけでもチェックしておいたほうがいいかもしれません。

そこで今回は、各都市でスーパームーンが見られるように、だいたいの時間帯や出現するをまとめてみました。

2016年の11月14日に見られるスーパームーンは一味違います。

『見れない』はイヤ!

Sponsored Link
 68年ぶりのスーパームーンと言われており、いわばスケールが違うようです、

毎年一回は耳にするスーパームーンを見れないことに慣れている人は、いつもと違うので要注意ですね。

68年ぶりのスーパームーンを見逃さないように、しておきましょう。

スーパームーン中のスーパームーンです。

幽☆遊☆白書でいうところの、戸愚呂100%中の100%です。

ドラゴンボールでいうところの超サイヤ人4くらいですかね。(最近またさらに上ができたようですが・・・)

かなり楽しみにしている人も多いと思います。

月が1番地球に近づく時間帯

 

2016年11月14日のスーパームーンが見やすい時間帯は

22時54分だと言われています。

なので夜の23時ごろが見やすいようですね。

季節的にも暗くなるのが早いので、うっすらとは見え始める時間はもっと早いかもしれません。

各地の月の出の時間をまとめてみましたの参考にしてみてください。
札幌16時22分
仙台16時32分
新潟16時40分
東京16時40分
名古屋16時53分
大阪16時59分
広島17時12分
福岡17時22分
那覇17時42分
平日ということもあり、仕事終わり、ふと夜空を見上げるとそこには大きなお月様が・・・なんていうロマンチックな雰囲気になれるかもしれませんね。

狙っている異性がいるひとは、勇気をだして、一緒に帰ったり、食事に誘ってみるのもアリかもしれません!

(なんか、朝の占いみたいになってきましたね)

Sponsored Link


 

どれくらいすごいスーパームーンなの?

 

スーパームーンと呼ばれるものは、実は今年の4月に一度ありました。

残念ながら見れなかったという人も多いかもしれませんが、今年の4月のスーパームーンの3割増しに大きいのが、今回の2016年11月14日のスーパームーンなのです。

直径でいうと14%大きいらしいので見やすいかもしれませんね。

面積が3割増しということはとてつもないですよね。

ハンバーガーで考えると相当ボリューミーになります!!!

それだけ大きければ、見逃すこともないだろう・・・なんて油断していると空を見上げずに終わってしまうかもしれません。

今回見逃せない理由の1つとしては、次回、同じくらいのスーパームーンを見られるのは18年後らしいからです。

なぜスーパームーンが見られない?

不思議なことに、スーパームーンの日というのは、曇っていたり雨だったりすることが多い気がします。

11月14日も天気があまりよくないといわれていおり、もしかしたら雲で見えづらいかもしれません。

雲がかかっていない、雨が降っていない場所は本当にラッキーだと思います。

ほとんどのところが雨や曇といった天気が悪いので、もしかしたら見られないかもしれません。

午後から天気を崩すところは、もしかしたら雨が降る前に見られるチャンスがあるかもしれないので、ぜひスーパームーンが見られることを祈りましょう!

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki