PSVRワイヤレス化はいつ?アダプターの値段予想や有線トラブルを紹介

この記事は2分で読めます

PSVRが販売され話題になってから時間が経ちました。

今後、いろいろなソフトが開発されどんどんと身体も動かす機会が多くなると予想されます。

しかし、PSVRなどVRゲームでネックになっているのは、値段やソフト、ゲームの内容、技術だけではありません。

はっきりいえば、『線がジャマ』なのです。

今回は、VRゲームのワイヤレス化について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

PSVRなどVRゲームのあるある有線トラブル

 

 

行動範囲が制限される

ケーブルがジャマで周りのものを巻き込んでしまう

ケーブルに引っ張られ、テレビやゲーム機本体を倒してしまう

 

行動範囲が制限される

まず、プレイして最初は感動し、面白いという感情が前にでるので、不便なことにきがつきません。

やり慣れてくると、だんだんと気になってくることがあります。

それは、『行動範囲』です。

PSVRなどのVRゲームは、ゴーグルにケーブルがつながっているため、自由にVR環境を動き回るということがまだできないのです。

ある程度行動範囲が制限されてしまうのが現状です。

さらに激しい動きなど、今後、体全体を使ったゲームも登場することを考えると、はっきりいえば、ケーブルでつながっている状態はジャマですし、故障の原因になりかねません。

ケーブルが色々なものを巻き込んでしまう

 

例えば、PSVRの場合、テレビやPS4などにつなげてプレイする環境におちてはHDMIケーブルは3〜4メートルくらいになると思います。

一応、背の高い人でもある程度動ける長さであり、周辺機器を巻き込みづらい長さだと思います。

頭を動かしたり、立ち上がったときに引っ張って周りをプレステ本体、テレビ、周りの物を巻き込んだらかなり大変です。

さらに、長すぎると、足元が危ないですよね。

一応は考えられて作られてはいるようですが、それでも、トラブルが起こってしまうこともあるよるようですね。

PSVRを買ってきて、テレビとPS4が引っ張れれて壊れてしまった・・・というトラブルもあるようです。

Sponsored Link


 

ワイヤレス化はいつ?アダプターの値段予想

 

PSVRのワイヤレス化はいつになるのか気になりますよね。

おそらく1年以内には実現するのではないかと思われます。

というのも、HTCという会社が、VRゴーグルの『ViVe』の周辺機器としてヘッドセット用のワイヤレス接続用アダプターを販売するという発表がありました。

価格は23470円と言われています。


おそらく、PSVRのワイヤレスも同じような値段で発売されるのではないかと思われえます。

ワイヤレス化か、バックパック型にして持ち運べるように作るかどちらかの対策がとられるのでは?と噂がされていましたが、ViVieがワイヤレス化の方向に進んでいるということで、おそらくPSVRもワイヤレス化するようになると思われます。

値段も似たような感じになると思われます。

現在VRはOculusとViVeそしてPSVRの3つですが、今後競争は激化すると思われます。

VRが広がれば、本当にもう一つの世界が出来たしまう感覚になるかもしれません。

どうなるか楽しみですね。

まとめ


PSVRのワイヤレス化はいつになるのか、楽しみですね。

おそらく時間はあまりかからないと思います。

2017年中に出て、自由に動き回るようなソフトが出て来ると思われます。

これからVRのソフトや技術力の闘いになると思われます。

発売されるソフトなども注目ですね。

そのうち、VRでプロスポーツリーグとかができそうですね・・・。

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 無音と無線
    • 2017年 2月8日

    子供がpsvrを買ったので、
    子供部屋で一時間位させてもらった。
    リビングのテレビにも大人用として買う予定。
    しばらくしてから
    ps4本体にプロセッサーユニットを内蔵した
    新型が出てからな!

    これだけでもスッキリだ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki