2018/07/01

68歳の新入社員とマイインターンが似てる?設定の違いやストーリーがパクりか検証

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

ドラマスペシャル『68歳の新入社員』が始まりますが、このタイトルから想像するに『マイインターンの日本版?』と想像している人のなんと多いことでしょう。

 

私も思いました(笑)

 

そこで、68歳の新入社員とマイインターンが似てるように感じたので設定やストーリーからパクりかどうか検証してみたいと思います。

 

68歳の新入社員の設定とストーリー

スポンサーリンク

まずは68歳の新入社員のストーリーから見ていきましょう。

昔ながらの味と信頼で親しまれ、そこそこの人気を保っている和菓子会社の羊堂本舗。新たな客層をつかむため、新規事業開発に乗り出すことに。そのリーダーを務めるのが28歳の工藤繭子(高畑充希)。他社からヘッドハンティングされてきた彼女だが、新規事業開発の難しさに悪戦苦闘し、社内のプレッシャーにもさいなまれていた。
そんなある日、“新入社員”の仁井本和夫(草刈正雄)が、突然、工藤の部下として配属されてきた。工藤は仁井本が自分より40歳も年上だと知り、あ然として、怒りすら覚えてしまう。「過去を自慢しながら仕事をするのか?それともまっさらな新入社員として新たな仕事をするのか?」と突きつけ、指導役を引き受けるが、スマホを持たず、タブレットも知らない仁井本に、途方に暮れる。
“新入社員”の仁井本は、長年の羊堂本舗での勤務を終えた後の引退生活に飽きてきたところだった。企業戦士時代の仕事への情熱が再燃していたタイミングでの再入社に、意欲がかき立てられていた。新たな部署での上司が40歳年下であることには苦笑するが、久々に仕事が出来るとあって、非常に前向き。とはいえ、40歳年下の“ボス”に仕える新しい環境での仕事は一筋縄ではいかず、家庭では、しっかり者の妻・文子(原田美枝子)が和夫の様子を気にかけ、陰で支える。

驚きの出会いから始まった2人の関係に、徐々に変化が表れていく。繭子は、結果を求められる仕事のプレッシャーにさいなまれ、追い詰められていく。さらに、会社人生の終わりを覚悟するほどのとんでもないトラブルを起こしてしまう。さらに、プライベートでも同棲中の恋人・小野諒(小瀧望)との関係がぎくしゃくして落ち込む繭子に、社会人の、人生の大先輩である部下の仁井本がかけた言葉とは?
価値観も世代も性別も立場も違う上司と部下の2人は、度重なるハードルを乗り越えてお互いを認め合うことが出来るのか?そして働くことの価値をどう考え、ビジネスで光明を見つけ出すことは出来るのか!?

引用元:https://www.ktv.jp/68/

一度、一線から退いた人生の大先輩の人を部下に迎えて、年下の女性上司が会社で奮闘するという物語みたいですね。

 

年下の女性上司のトラブルなどを人生の大先輩である68歳の部下が、いろいろ助言したり、解決に手を貸すという物語です。

 

次はマイインターンについてみてみましょう!

映画マイインターンの設定とストーリー

次はマイインターンのストーリーを見てみましょう。

ニューヨークでファッション通販サイトを運営している女社長のジュールズは、短期間で会社を拡大させることに成功し公私ともに順調な毎日を送っていた。そんな彼女の会社にシニア・インターン制度で採用された70歳の老人ベンがやってくる。若者ばかりの社内で当然浮いた存在になってしまうベンだったが、いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄によって社内の人気者になっていくのだった。

一方その頃、ジュールズには公私ともに大きな問題が立ちはだかっていた。双方において大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていたが、そんな彼女を救ったのは他でもないベンだった。ベンの温かな励ましを受けていくうちに、いつしかジュールズも彼に心を開くようになっていく。ベンの言葉から勇気をもらったジュールズは、目の前に立ちはだかる数々の難問に立ち向かっていく決意をする。

引用元:ウィキペディア

女性社長が、シニアインターン制度で採用された70歳の老人を迎え入れることになります。

 

最初は浮いていた70歳のベンですが、誠実で穏やかな人柄で社内でも人気者になっていきます。

※この設定が大事ですよね(笑)

 

そして、社長であるジュールズのもベンに心を開くようになり、勇気をもらって公私の問題に立ち向かっていくという話です。

 

68歳の新入社員とマイインターンが似てる?

スポンサーリンク

68歳の新入社員では、人気和菓子会社にヘッドハンティングされた、新事業のリーダーの女性上司と68歳の再就職の部下ということです。

マイインターンでは、ファッション通販サイトの女性社長とシニアインターン制度で入ってきた、インターンです。

 

ここまでは、会社が違うだけで、ほぼ一緒ですね。

 

また、恋人とのトラブルなど会社の問題だけでなくプライベートの問題まで人生の大先輩が勇気を与えるということも同じです。

 

設定やストーリーが非常に似ているので、日本版マイインターンと言っていいと思います。

 

ただ、違いもあります。

 

68歳の新入社員では、草刈正雄さん演じる新入社員の仁井本和夫の妻は生きていますが、マイインターンのベン(ロバート・デ・ニ―ロ)の妻はなくなってしまっていますね。

 

また、高畑充希さん演じる女性上司の工藤繭子は結婚していませんが、マイインターンでの女性社長ジュールズ(アン・ハサウェイ)は結婚してこどももいます。

マイインターンのパクりなのか?

スポンサーリンク

まあ、いろいろ日本と外国もあり、日本ならではの会社の嫌なところがストーリーで描かれている部分もあるようですね。

 

これだけ『パクり?』となっているのは関西テレビの公式ページで『68歳の新入社員』 ※オリジナルと記載されているからかもしれませんね。

 

似ている部分もあると思いますが、日本版として楽しみにしている人がたくさんいます。

 

マイインターンで魅力は、視聴者も魅了するベンの存在感だと思います。

 

このあたり、草刈正雄さんが演じる仁井本和夫がベンと同じような存在感が出せるかが注目ですね。

 

ベンがいれば大丈夫と思ったように、仁井本和夫がいれば安心だと視聴者に思わせることができるか・・・楽しみです。

 

オリジナルとしているので、設定やストーリーは似ていますがパクりではない・・・ということですかね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.