相原勇がガリガリにやせているのはなぜ?拒食症の可能性と地獄を考察

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sponsored Link
 

こんにちは。ガイドです。

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

今回取り上げるのは『直撃!シンソウ坂上』で話題となった相原勇さんの姿についてです。視聴者から『やせすぎている』『ガリガリで心配』など現在の姿について心配が寄せられているみたいです。

そこで今回はなぜ相原勇さんがガリガリにやせているのか、視聴者の心配している拒食症や『地獄』という表現について考察してみたいと思います。

それでは、まいりましょう。




 

相原勇さんについて振り返ってみましょう。

中学生の時にミュージカル『ピーター・パン』で、榊原郁恵の演ずるピーターパンが観客の上を飛ぶのを観て感動し、「ピーター・パンを演じるために芸能界に入った」と語っている[3]。

1984年、ピーター・パンを演じるためには芸能界に入る必要があると考え、高校生の時、第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募。中国・四国地区代表として応募総数12万人の中から決勝まで残る[4]。

1985年4月、西村知美が優勝した「第1回ミス・モモコクラブ」で準優勝をし、芸能プロダクション原プランニングにスカウトされる。父親から「東京の大学に送ったと思って4年間は待ってやるから、4年経っても成功出来なかったらあきらめて帰って来い」と言われ[3]、芸能界デビューのため上京。その後、おニャン子クラブのオーディションを受け、合格ももらっていたが「専属のレコード会社、雑誌も全て決まっているから仕事の幅が狭くなってしまう」という事務所の判断でおニャン子クラブへの加入を辞退し、ソロデビューを選択することになった

引用元:ウィキペディア

 

デビュー当時は相原勇という名前ではなかったのですが、当時の人気絶頂のおニャン子クラブのオーディションにも合格していたほどのポテンシャルの持ち主だったんですね。

 

改名や再改名などを経て芸能界を生き抜いてきた方なので、久しぶりのテレビ出演に昔から相原勇さんを知る人は興味しんしんだったと思います。

 

なので、余計に相原勇さんについていろいろ考えてしまうのかもしれませんね。

 

 

ガリガリな理由と拒食症を考察



久しぶりの姿を見て痩せていたらファンの人は心配してしまいますよね。

 

私は『拒食症』という言葉は思い浮かばなかったのでなぜ視聴者が拒食症ではないかと思ったのか気になったので拒食症の症状などを調査してみました。

 

拒食症の症状

身体症状としては、正常下限を下回るやせがあり、成人ではBMI(注)が15kg/m2未満になると最重度と診断されます。やせているのに活発に活動することが多くみられますが、やせに伴い次第に筋力低下や疲れやすさを感じるようになります。低血圧、心拍数低下、低体温、無月経、便秘、下肢のむくみ、背中の濃い産毛、皮膚の乾燥、てのひらや足の裏が黄色くなるといった変化がみられます。過食や嘔吐がある場合には、唾液腺が腫れたり、手に吐きだこがみられたりもします。血液検査では脱水、貧血や白血球減少、肝機能異常、低タンパク血症、高コレステロール血症などがみられます。嘔吐や下剤を大量に使うことなどにより電解質異常をきたします。また、骨粗しょう症や腎機能障害もみられます。低体重が長期間続くと脳の萎縮もみられるようになります。

精神面での変化としては、やせの影響でうつ気分や不安、こだわりが強くなってきます。やせていることで満足感は得られますが、根底には自尊心の低下が存在しています。
本人は自分がやせているとは思っていないことから、心配する周囲の人たちとの関係が悪化することがあります。体力低下に伴い、学業や仕事の能率の低下もみられるようになり、日常生活にも支障がでます。

引用元:http://www.edportal.jp/sp/about_01.html

マラソンやヨガなどをしているので健康的にやせてらっしゃるのかなとも思ったんですが、やはり気になったのは姿だけでなくネガティブなワードだったみたいですね。

 

そこで、拒食症ではないかと思った視聴者が多かったと思われます。

 

おそらくですが、もっとポジティブなことを言っているのに、編集で重く演出されたんじゃないかなとも思いました。

 

地獄とは

 

最後に相原勇さんがハワイ生活を語るにあたり『地獄』と表現していたことがきになりました。

 

現在はホノルルのコンドミニアムに住んでレストランやブライダル関係の仕事をしているみたいですが、外食を極力控えて夫のお弁当を手作りする日々なんだそうです。

 

一見幸せで天国に思えるのですが、相原勇さんが地獄と表現した理由は『物価の高さ』にあるみたいですね。賃金が安くて物価が高いのであまり贅沢ができず節約生活なんだそうです。

 

ハワイに住めるのは他人から見れば天国なんですが、そこでの生活は『地獄』という表現を使いたくなるほどたいへんなのかもしれないですね。

 

賃金は安いけれども相原勇さんは『理想の職場』に出会ったそうです。

 

確かに、番組的には日本での活動から振り返り、ハワイ生活のたいへんさで重めに仕上がっていましたが『理想の職場』に出会ったということや積極的に運動されていることから私たちが思っているニュアンスの『地獄』ではないのかもしれません。

 

相原勇さんの姿を久しぶりに見た驚きと、番組の演出から拒食症や地獄というワードがネットで盛り上がってしまったのかなと思いました。

 

直撃!シンソウ坂上はフジテレビで木曜21時〜放送されています。今後も気になる真相に直撃してもらいたいですね。

 

それでは、今回は以上です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューワールドほんのり , 2019 All Rights Reserved.