あいみょんはメダロット2曲のパクリではない理由!マリーゴールドを考察

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。あいみょんとメダロット2の曲が似ていることが話題になっているみたいですね。

そこで今回はなぜパクリと言われてしまっているのか、あいみょんさんの曲『マリーゴールド』とゲームボーイカラーソフト『メダロット2』のBGMを考察してみました。

それでは、まいりましょう。





 



 

あいみょんとメダロット2の曲を比較

 

まずことの発端となった曲をそれぞれ聴き比べてみましょう。

 

まずはあいみょんんのマリーゴールドです。オフィシャル動画です。

 

めっっちゃ良い曲ですよね!これは男性も女性も好きになるのもしかたがないです。続いてはメダロット2のBGMです。

 

 

このメダロット2のBGMがマリーゴールドと似ているというように言われているんです。2つを聞いてどうでしょうか?パクリて思うでしょうか?

 

ツイッターから反応を見てみました。

 

 

めっちゃ似てるという反応もありましたが、全体的にみて『めっちゃ懐かしい』と言う声の方が多かったですね。メダロットのファンが喜んでいる反応の方が多かった気がします。

 

むしろマリーゴールドとメダロット2のBGMが似てることであいみょんの好感度が上がっているようにも思えます。

 

パクリや盗作ではない理由



 

メダロットが懐かしいのはさておき、これをパクリや盗作と言えるかどうかですね。さきほどのTwitterでも紹介したように作曲よりも『編曲』した人の頭に残ってたという説もありますよ。

 

楽曲クレジット
CD
全作詞・作曲: あいみょん。
# タイトル 編曲 時間
1. 「マリーゴールド」 立崎優介、田中ユウスケ(共同編曲、プログラミング&全楽器演奏)
2. 「あなたのために」 Tomi Yo
3. 「マリーゴールド (Instrumental)」 立崎優介、田中ユウスケ(共同編曲、プログラミング&全楽器演奏)

引用元:ウィキペディア

 

確かに編曲したのはあいみょんではありません。かといって編曲でメダロット2BGMに似せたというのもまた極論すぎますね。

 

いろいろ言われてしまっていますが、個人的には今回の『マリーゴールド』と『メダロット2BGM』についてはパクリや盗作ではないと感じています。

 

というのも、歴代の音楽で一部が似ているということはしょっちゅうあるものです。

 

ドラマ「北の国から」主題歌とベートーヴェン『御身を愛す』

『ビビディ・バビディ・ブー』と『日本全国酒飲み音頭』

映画「ジョーズ」とドヴォルザーク『交響曲第9番 新世界より』第4楽章

他多数

あとはヨドバシカメラの曲と斉藤和義さんの『歩いて帰ろう』などですね。

 

というか、『カノン』と似ている曲ってどんだけあんねんっていう感じだと思います笑

 

このようにどうしても有名な音楽や耳に残る音楽というのはどこか似ていることも多いのです。

 

確かに、数学的にはメロティーのパターンはめちゃくちゃあるのでカブる確率は低いですが、人が気持ちいいと思う音、怖いと思う音など音にはパターンには限りがあるということです。

 

今回のマリーゴールドとメダロット2のBGMも一部は似ているところもありますが、すべてが同じではないじゃないですか。

 

一部似ていると感じる部分があるだけで、パクリや盗作なんてことにはならないと思いますし、それだけ耳に音ということです。

 

今回はメダロット2のBGMが懐かしいという話題ってことで落ち着いてほしいですね。へんに大きな騒ぎにならなければいいなと心配です。

 

あいみょんさんには今後も良い曲を作り続けてほしいなと思います。すばらしいアーティストなので応援したいですね。

 

それでは、最後までお付き合いありがとうございました。






 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2019 All Rights Reserved.