青バイとはどんな人たち?警察の白バイとの違いと役割や職務を調査

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sponsored Link
 

こんにちは。ガイドです。

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

『青バイ』という存在をご存知でしょうか?『白バイ』は白いバイクにのったかっこいい警察ですよね。

今回は大阪府警に存在する『青バイ』の人たちについて調査してみたいと思います。

  • どんな人たちなのか
  • 白バイとの違いはなんなのか
  • 役割や職務とは

これらをみていきましょう!



青バイとは

 

今回『青バイ』が注目されるきっかけになったのはこちらのニュースです。

22日午後10時55分ごろ、大阪府東大阪市三ノ瀬の府道で、大阪府警の青バイに追跡されていた2人乗りのバイクが民家に突っ込んだ。この事故で、バイクに乗っていた大阪市東成区の男子高校生(16)が頭などを強く打って死亡し、同乗していた岸和田市の女子高校生(16)も重傷を負った。

大阪府警布施署によると、大阪市生野区小路東の交差点で、信号待ちをしていた青バイ2台が、前方の道路を蛇行運転で横切ろうとするバイクを発見した。青バイは停止を求めたが、バイクは逃走したため追跡。バイクは信号無視や一方通行を逆走しながら逃走していたが、約1キロ先の道路沿いにある民家の玄関に突っ込んだという。民家の住人にけがはなかった。

青バイを運転していたのは、府警第一方面機動警ら隊の男性警部補(42)と男性巡査長(26)。同隊の浅野明宏副隊長は「追跡行為は適正と考えているが、追跡された方が亡くなったことは大変残念」とコメントした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000513-san-soci

ここで『白バイ』じゃなくて『青バイ』なんだと思った人が多かったみたいですね。

 

 

 

見たことがある人も少ないようです。言われたらけっこう目立っていて今まで知らなかった人が多いのが不思議なくらいですね。

 

これは『警察のバイク=白バイ』と思っている人が多いからかなと思いました。では、青バイの人たちはどんな人たちなのでしょうか?

 

青バイとはどんな人たち?




 

青バイにに乗っている人たちは通称『スカイブルー隊』と呼ばれ、大阪府警に所属している人たちです。

 

職務の内容

 

大阪は不名誉な記録があるほどひったくりが多いようです。なので、もともとはひったくり対策用に組織されていました。

 

現在ではイベント時の警備用や主要な大通りでの交通違反、取り締まりも行なっているそうです。ただし、計測用の速度計を持たないため信号無視や二段階右折禁止走行区分違反関係を取り締まることが多いそうです。

 

白バイとの違いは?

 

白バイは大型バイクですが、青バイは中型バイクのようです。また、白バイにはスピード違反を取り締まるためにスピード計がついていますが、青バイにはついていないのも違いの一つですね。

 

だから、青バイはスピード違反より信号無視や危険運転などを取り締まる役割が大きいようです。

 

黒バイもある

 

実は、和歌山で暴走族を取り締まるために『黒バイ』が存在しています。

黒バイ(警察所属)
和歌山県警察本部が導入した、
暴走族取締り用オートバイ。
以前の暴走族取り締まりは危険を伴うため、
パトカーが行っていたが、
狭い路地などに入り込まれると
四輪では取り締まれ無いことが多い。
そのため黒バイ(黒豹隊)が導入された。
黒い車体と黒いスーツを闇にまぎれさせる
引用元:ヤフー知恵袋

このように、今回の事件で『青バイ』が大きく知れわたりましたが、こんな形ではなく別の形でもっと知られていたらなと思います。

 

今後も全国で色々な色のバイクに乗った警察が増えていくかもしれませんね。

 

それでは、今回は以上です。最後までお付き合いいただきありがとうございました。






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューワールドほんのり , 2019 All Rights Reserved.