AppleIDアカウントを回復してくださいメールは本物?偽物や詐欺の見分け方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

こんばんは。ガイドです。

 

今回も気になった世界についてご案内していきたいと思います。

 

今回は、『AppleIDアカウントを回復してください』というメールについてです。

 

これを見たときどう思ったでしょうか?『本物?』『いや偽物かな?』『どっちからん・・・』いろいろ悩んだかもしれませんね。

 

ふとみるとAppleからメールが来ているけど、どうしよう・・・と対処に困ったかもしれせん。

 

こちらは、先に結論をご案内すると『偽物』です。『本物』っぽかったのでけっこう引っかかった人はいたのではないでしょうか?

 

そこで、今回は『AppleIDアカウントを回復してください』のメールは本物?と思ってしまう人のために、本物か偽物かの見分け方ついてご案内いたします。

 

それでは、まいりましょう。

AppleIDアカウントを回復してくださいメールは偽物!詐欺?

あなたのメールボックスにこのようなものが届いたのではないでしょうか?

 

今回、なぜすぐに偽物だと確定しているかというと、『AppleIDを持っていない』という人にも届いているからです。

 

 

appleIDを持っていないのに、メールボックスに届けられている時点でおかしいですよね。

 

また、このメールにはリンクが貼られているのですが、クリックしてしまうけっこう本当にAppleIDとパスワードを入れるところが出てきます。

 

 

※みなさんは絶対にクリックしてはいけません。ウィルス感染などの危険もあります。

 

AppleがIDとパスワードをメールで聞いてくることはありません。

 

これは銀行の口座を抜く詐欺メールと同じ手口でなんですね。

 

それでも、だまされてしまいそう・・・という人もいるかもしれません。

 

なので、詐欺メールなのかどうかの見分け方をご紹介しますね。

偽物の見分け方

スポンサーリンク

実はこういったメールは依然にも存在していて問題になりました。

 

前回のことを知らない人の何人かはもしかしたら偽物メールに騙されてしまったかもしれませんね。

 

今後もAppleID以外にもなんらかのIDに対しての偽物メール、詐欺メールがくる可能性があるので、見分け方を知っておきましょう。

 

今回でいうと、

 

  • AppleIDとパスワードをメールで登録情報のやり取りをするのはありえない
  • 3回ミスをすると、永久にアカウントが停止 
  • 『すぐに』という言葉 
  • 『時間以内』という言葉

 

まず、今回の件でいうと、Appleがメール上でのID情報をやり取りすることはありません。(いきなり相手から)

 

iPhoneやMacといったappleユーザーなら覚えがあると思いますが、appleIDに関しては使用している機械での設定が必要だったはずですよね。

 

appleIDに関してはかなり厳重に管理されているので、メールでのやりとりはありえません。

 

それでも、もしかしたら・・・と思ってしまいますよね。

 

そこで、次回、偽物かどうか、迷うメールが来たときに意識しておくといいのが、『言葉』です。

すぐに復元してください!盗難によるアカウントの紛失を防ぐため、アカウント情報が時間内に確認されない場合、アかウント管理チームはアカウントを完全に凍結します。アカウントを再開する前に、アカウントを再登録しないでください。さもなければ、顧客チームはシールする権利を有する。

『すぐに!』とか『時間内に』という言葉がありますが、こういった急かす系の言葉は怪しいと思った方がいいです。

 

これは、あなたに考える時間を与えないための言葉なので、メールにこのような急かす系の言葉があったら逆に落ち着きましょう。

 

また、今回は『完全に凍結します』『さもなくば』と脅し文句があります。

 

この脅し系の言葉も意識しておくといいですね。

 

『急かす』『脅す』言葉が羅列されているメールは偽物かもしれない!と見分けていきましょう。

まとめ

 

このように、注意を呼び掛けてくれています。

 

今回この記事では偽物メール、詐欺メールの見分け方をご紹介しましたが、もし本物かどうか迷ったらTwitterやSNSでこういった注意を流してくれている人がいないか探してみるのもいいですね。

そして、『このメールおかしい』と思ったらリンクもクリックせずに完全にゴミ箱からも消去しておくといいです。

 

そして、ウィルス対策ソフトを入れている人は、パソコンのウィルスチェックまでしておきましょう。

 

そうすることで、メールからのウィルス感染の心配も減ります。

 

今回のようにAppleIDというピンポイントでappleユーザーを狙ったような詐欺メールに注意しましょう。

 

もしかしたら、あなたがたまたま登録している何かしらのIDやパスワードについてメールが来るかもしれないので。

 

こういった重要な情報、お金に紐づけが可能なものについては、注意が必要ですね。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

今回は以上です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.