バチェラー2は台本がある?おもしろいのにヤラセ疑惑の原因や理由は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になった世界についてご案内していきたいと思います。

 

今回ご案内するのは『バチェラー2』のやらせ疑惑についてです。

 

海外の恋愛番組バチェラーを日本にもってきてアマゾンプライムが放送していますね。バチェラー2はその第2弾なんです。

 

『おもしろい』という反面、『台本がある!』『やらせ疑惑』という声があります。

 

それの理由や原因はなにか気になったので調査してみました。

 

それでは、まいりましょう。

スポンサーリンク



バチェラー2のバチェラー

バチェラーは一人の男性を取り合う婚活番組です。

 

今回バチェラーに選ばれたのは、京都出身、35歳の若さながらIT企業の幹部を務める、小柳津林太郎(おやいづりんたろう)ささんです。

 

小柳津さんのプロフィールやバチェラー参加にあたってのコメントを紹介します。

「いち一般人である私が、このような形で恋愛にチャレンジさせていただくにあたって、参加するに当たっての不安はもちろんありますが、それを上回る期待も同時に抱いております。一度限りの人生の色濃いいちページを刻むべく全力で精進し、最高のパートナーを真剣に探したいと思います」

引用元:https://mdpr.jp/news/detail/1732101#anchor-24

小柳津林太郎(おやいづりんたろう)さんは幼少期をニューヨークで過ごし、慶應義塾大学経済学部を卒業。就職後、海外事業の立ち上げなどを行っているそうです。

 

休日はバスケやフットサルを楽しむといった、スーパーマンです。

 

この人をめぐって20人の女性のバトルが繰り広げられます。

バチェラー2には台本がある?

さて、面白いと評判のバチェラー2ですが、視聴者の中には台本があり『やらせ』を疑っている人もいるみたいですね。

 

視聴者のリアルな声を見てみましょう。

このように様々な意見がありますね。

 

それでは、こんなにもハマっている人がいるのに『台本』や『やらせ』といった言葉が出てしまうのでしょうか。

 

理由や原因を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

バチェラー2がヤラセ疑惑の原因や理由

さきほどのTwitterのコメントを見ると、かなり面白いというのが伝わってきますね。

 

その世界に入っているからこそ、『なんでそこでそうなるの?』と理解できないこともあるのだと思います。

 

面白いのに『台本がある』『やらせ』という言葉がでるのは、『なんどそうなうなるの?』という視聴者の疑問からくるのだと思います。

 

ただ、『台本がある』『やらせ』があると思ってしまうのは、ただ単にバチェラー2が面白いからだけではありません。

 

テラハとかあいのりとかバチェラーとか、たとえ台本があったとしても自分自身のノンフィクション恋愛模様としてパッケージングされたものを全国放送されるのオッケーとか、まーじ精神力ありあまってんなと素直に尊敬する。

— aco (@acokkmt) 2018年6月2日

まず、みなさん海外の番組であることを知っているんですね。

 

そこで、過去の知恵袋でこんなやり取りあったのです。

質問:バチェラージャパンはやらせですか??

ベストアンサー:

日本版は知らないけど、10年くらい前?にあった、アメリカ版の第1号カップルは台本ありのやらせだとはっきり暴露してましたよね。
撮影中から仲が悪く、台本通りにカップルになったけど、撮影後は一度も連絡を取らないほどお互い嫌っていたみたいです。
スタッフから、オンエアが終わるまではカップルのふりをしててくれ、ブログとかでバラさないでくれと言われたと暴露してました。
撮影終了からオンエアまで何ヶ月もあったので、大変だったそうです。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14175955439

ベストアンサーでも言っているように『日本版は知らないけど』海外のバチェラーでは台本があったことが明らかになっているようですね。

 

出演者が暴露してしまったようです。

 

 

やはり、TV番組として成立させるためには『台本』が必要だったのかもしれません。これが『やらせ』疑惑が出た原因や理由の一つだとも考えられます。

 

また、今回バチェラー2なのですが、前回のバチェラーカップルはもう別れてしまっているそうです。

 

そのあたり、『やっぱり』感が出てしまっているのではないでしょうか。

 

ただ!バチェラー2が面白いということは確かです。

 

台本があるように見えるストーリー展開があって、やらせ疑惑が出るほど面白いというのが、一番の原因なのかもしれませんね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.