バスケ男子日本代表選手がアジア大会で不祥事の4人は誰?名前や追加処分は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

アジア競技大会2018が盛り上がっているなか、盛り下がる出来事がありました。

 

バスケットボール男子日本代表選手4人がジャカルタで開催されているアジア競技大会中に女性を連れ出すことができるカラオケ店に公式ウェアを着たまま行っていたということがわかりました。

 

これは、大会中に何やってんだって話になりますよね。

 

気になったのはバスケ日本代表選手4人が誰なのかということです。

 

名前や処分などはどうなるのか気になったので調査してみたいと思いました。

 

こういった不祥事はまじめにアジア大会に集中していた選手にも迷惑がかかって可哀そうですね。

 

それでは、まいりましょう。

スポンサーリンク

 

 

バスケ男子代表4人の不祥事

 

 ジャカルタで開催中の第18回アジア競技大会で、バスケットボール男子の日本代表4人が17日未明、女性を連れ出すことができるカラオケ店を公式ウェアのまま訪れていた。日本オリンピック委員会(JOC)は「日本代表選手団としてふさわしくない行動があったことは事実」としており、関係者によると、当該選手を帰国させる厳しい処分になる見込みだ。

日本代表チームは16日、午後6時半からあった1次リーグ2戦目のカタール戦に出場。その後の17日午前1時ごろ、選手4人が「JAPAN」の文字が入った白いポロシャツ姿で、ジャカルタの歓楽街「ブロックM」にあるカラオケ店の前で店側と交渉しているところを朝日新聞の記者が目撃した。従業員の女性によると、「店の友達何人かと(店外で)ご飯を一緒に食べた」という。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASL8M5H83L8MUTQP01S.html

なぜ大会中に公式ウェアを着たまま行ったのかも謎ですよね。

 

日本からもたくさん応援に来てくれている人もいるし、メディアだってたくさんいる中で目撃されるリスクがあるとは考えなかったんでしょうか・・・

 

別に悪いことをしていたとかではないですが、『大会に集中できてないのかな?』とみられてしまう出来事ですね。

 

それにちゃんとJOCの代表選手団の行動規範には「アジア競技大会への派遣は国費で賄われる。(中略)競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」とあるので、ルール違反であることは間違いないですね。

 

2年後には東京オリンピックが近づいていて、スポーツ界が盛り上がっている中、少し悲しくなるニュースでした。

 

バスケ男子日本代表選4人は誰?名前を考察

バスケ男子日本代表選手のメンバーはこちらです。

太田 敦也 1984/06/04 愛知県(OTA, Atsuya) (34) 日本大学
辻 直人 1989/09/08 大阪府(TSUJI, Naoto) (28) 青山学院大学
熊谷 尚也 1990/11/16 福岡県(KUMAGAE, Naoya) (27) 日本体育大学
永吉 佑也 1991/07/14 鹿児島県(NAGAYOSHI, Yuya) (27) 青山学院大学
張本 天傑 1992/01/08 愛知県(HARIMOTO, Tenketsu) (26) 青山学院大学
ベンドラメ 礼生 1993/11/14 福岡県(VENDRAME, Leo) (24) 東海大学
橋本 拓哉 1994/12/03 大阪府(HASHIMOTO, Takuya) (23) 芦屋大学
佐藤 卓磨 1995/05/10 北海道(SATO, Takuma) (23) 東海大学
今村 佳太 1996/01/25 新潟県(IMAMURA, Keita) (22) 新潟経営大学
玉木 祥護 1996/08/30 北海道(TAMAKI, Shogo) (21) 札幌市立旭丘高校
中村 太地 1997/06/27 山口県(NAKAMURA, Taichi) (21) 福岡大学附属大濠高校
シェーファー アヴィ 幸樹 1998/01/28 大阪府(SCHAFER, Avi Koki) (20) ブリュースターアカデミー

引用元:http://www.japanbasketball.jp/wp-content/uploads/Asian-Games2018_MEN_member-list_Re.pdf

いったい誰がアジア大会中に公式ウェアで女の子を連れだせるカラオケ店に行ったのでしょうね・・・

 

本当にこのままだったら、まじめにやっていた選手も疑われてしまいます。

 

変な雰囲気になったら日本代表の応援が盛り下がってしまいますよね。

 

競技が人気になるのは、1人のプレイヤーからだったり、チームの規範に心打たれたりなど、『試合結果』以外からの要因も大きいはずです。

 

バスケはたしかに人気スポーツですが、このままだったらチャラいイメージがついてしまい人気に歯止めがかかってしまうなんてこともあるかもしれません。

 

私もバスケが好きなので、もっとバスケット選手のかっこいい部分が広まればいいのにな~と思っていただけにちょっと残念な気持ちにもなりました。

 

確かに、今までこんなことにはなっていなかったので新メンバー説もあります。

 

ただ、今までなかったからと言って今回がないという可能性はゼロではない限り断定することはできないですね。

 

また、公式サイトのメンバー表に顔写真が掲載されていない選手5人も疑われていますが、今回報道では公式ウェアでカラオケ店に行ったのは4人となっているため、選手の特定の決め手とはなりません。

 

しかし、JOCは『当該選手を帰国させる厳しい処分になる』としているので、先に日本に帰ってきた代表選手4人は今後すぐにわかると思われます。

追加処分について

『当該選手を帰国させる厳しい処分』とありますが、これだけで処分が終わるのかも注目ですね。

バスケファンとしては、『なにやってんだ!』って気持ちになりますよね。

 

だからこそ厳しい処分などを求めてしまうのかもしれません。

 

今回の不祥事で『これぐらいで・・・』って思う人の気持ちあると思いますが、厳しい処分を求める心理もわかりますね。

 

もっとバスケが人気になってほしいと思っている人にとってはかなり悔しい不祥事だったと思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

はっきりした名前はウラがとれない限り出すことはできないみたいですね。

 

これは各メディアがバスケ日本代表選手たちを調査していくことでウラがとれると思いますし、JOCは先に帰国させる処分を行うことを発表しているので、バスケ日本代表選手の中で先に帰国した4人の選手は今後すぐにわかると思われます。

 

今後、このニュースがテレビに取り上げられるのか、選手名が公表されたりするのか、追加処分はあるのかなど注目が集まります。

 

不祥事を起こした4人の選手はしっかり反省して、もう一度日本代表選手にふさわしいと思われるように、がんばれるのかも注目ですね。

 

今回は以上です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.