ボディハッキングは未来で起きる?病気やトラブルをクレイジージャーニーから検証

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

今回ご案内するのは『ボディハッキング』についてです。

 

ボディハッキングは未来では起こり得るのでしょうか。

 

身体に機械を埋め込むようになれば、私たちの身体に全部の情報をインストールすることになる未来がくるかもしれまん。

 

銀行口座の番号など記憶にあることなどハッキングされたらどーなってしまうんでしょうね。

 

そこで、今回はクレイジージャーニーでも取り上げられているボディハッキングについて、本当に未来で起こり得るのか、病気の心配や、起こり得るトラブルについて考察してみたいと思います。

 

それでは、まいりましょう!

ボディハッキングは未来で起きる?

スポンサーリンク

ボディハッキングの意味についてまず整理していきたいと思います。

 

ボディハッキングの本来の意味とは、ボティ(身体)をハッキング(切ったり侵入したりして改造する)するということです。

 

つまり、機械を身体の中に取り入れることです。

 

昔ならもうこれは完全にSFの世界なのですが、それが現代では可能になっている技術なのです。

 

 

ボディハッキングすることによって、身体の一部を機械が補い、人本来の力以上のことができたりするようになるのです。

 

ターミネーターでいうサイバーダイン社の技術ですね。※だいたいの感覚で

 

コンタクトレンズを入れるように機械を入れるようになる未来がすぐそこにあるのではないでしょうか。

ボディハッキングで起こる病気やトラブル

スポンサーリンク

ボディハッキングとは、自分の身体を機械の身体にしていくことです。

 

銀河鉄道999的な話が現実になるんですね。ジャーニー違いですが。

 

さて、ボディハッキングで起こり得る病気やトラブルを考えてみました。

 


一応飛行機は乗れるみたいですが、こういったボディチェックでトラブルが起こりそうですね。

 

また、機械的なことなら電磁波にも気を付けないといけませんね。

 

外国ではかなり進んでるみたいですね。手の甲にマイクロチップを埋め込んで会社の警備システムに採用しているところもあるみたいですよ。

確かに、現代は全部スマホで出来る時代になっていますね。電車も乗れるし買い物もできる。

 

ボディハッキングすれば、スマホすら持ち運ばなくなる時代がくるかもしれません。

 

手をかざすだけで、電車にのれたり買い物ができる未来ですね。

 

ただ、病気になったときはどうするんでしょうね。身分証明書とかは全部指紋認証とかになってくるんでしょうか・・・

 

医者はどのように対処するのか、今後の医療も変わってくるかもしれません。

 

外科とか内科の他に機械科が病院の中にできる未来は近いかもしれませんね。

 

最初にもちょろっと書いたのですが、ボディハッキングが当たり前になると、すべての情報を身体に取り込む人も出てくると思います。

 

現在、機械トラブルと言われているののの多くが、人間のトラブルに変わっていくかもしれません。

 

そう思うと少し怖いのですが、ボディハッキングを世間はどのようにとらえているのか調査してみました。

ボディハッキングは未来に起こる?クレイジージャーニーから調査

ボディハッキングが広くしられるようになったのは、テレビ番組クレイジージャーニーの特集がきっかけだと思われます。


このように機械が身体の一部になるのは当たり前の時代になるかもしれません。

 

身体をいじるのは怖いけど、多くの人が興味があるようですね。

 

ボディハッキングとは別に、バリアフリーの面ですごく役立つ未来がくるかもしれませんね。

 

もし、あなたがボディハッキングするとすればどこに機械を入れますか?

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.