2018/02/20

ボスベイビーのストーリーや結末ラスト!感想はおもしろくない?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ボスベイビーが日本でも公開されるということなので、話題になっています。公開日は3月21日からです。今回はボスベイビーのストーリーが気になる人に、ストーリーの紹介や、結末ラストまでのネタバレを紹介しておきます。

ラスト結末のネタバレに関しては見たくない人は、前半でストーリーをストップさせてください。また、ボスベイビーを見た人からの感想も取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

ボスベイビーのストーリー

 

まず、タイトルからして『ボス』ってなんやねんって思います。赤ちゃんのボスかな、それともボスが赤ちゃん的な人物なのかなあとタイトルから話が膨らんでいきますね。

 

では、どんな話なのか見ていきましょう。主人公は『赤ちゃん』です。それも天才的な頭脳を持つ赤ちゃんなんです。

 

トイ・ストーリー的な視点で、大人は普通の赤ちゃんだと思っているのですが、大人たちが知らない間に赤ちゃんたちはいろいろ考えているのです。

 

ボスベイビーはある日、ティムという少年と家族の一員になります。

 

ボスベイビーが来たことにより、今までティムにずっとかまっていた両親も、ボスベイビーをよくかわいがるようになりました。

 

両親を取られた気分になりながらも、ボスベイビーが普通の赤ちゃんでない、きっと何かあると感づきます。

 

ある日の夜、ボスベイビーを普通の赤ちゃんと違うと考えていたティムは、赤ちゃんの部屋で電話をしているボスベイビーを見てしまいます。

 

びっくりしたティムは、『なんで、赤ちゃんなのに話せるんだよ』と迫ります。しかし、まだ、なぜボスベイビーが話せるのか、普通の赤ちゃんとは違うのかはここではわかりません。

 

ティムはボスベイビーが『普通の赤ちゃん』でないことを証明するために、ボスベイビーが喋っているところを録音しようと試します。

 

ボスベイビーが普通でない証拠を集めようとしていると、両親から赤ちゃんに意地悪していると思われ、叱られてしまいます。

 

果たして、ティムはボスベイビーが普通の赤ちゃんでないことを証明できるのか、なぜボスベイビーはティムの家族の一員となったのか。

 

ココからラスト結末までのネタバレ要素を含んでいきますの、注意してくださいね。

ネタバレ注意!ストーリー展開

 

両親から叱られ落ち込んでいるティモシーに近づきボスベイビーは『ミッション』のこと打ち明けるのでした。

 

ボスベイビーは天上界のベイビーカンパニーというところからやってきており、地上へミッションで来ていたのです。

 

『現代では赤ちゃんよりもペットが愛されていること』『調査のためにペット会社に努めているティムの両親のところへ来たこと』『このミッションが終われば、元の世界へ帰ること』『不思議な粉ミルクで赤ちゃんの姿のまま知能を発達させることができる』ことをティムに打ち明けるのです。

 

ティムとしては、『ミッションが終われば帰ってくれる』というのは好都合です。

 

お互いの利益が一致したことから、ティムはボスベイビーのミッションを手伝うことにします。

 

なぜこれほどまでにペットブームが来ているのかを調査し始める2人。ある日、開催されていたペットフェアに潜入することになります。

 

そこで待っていたのは、ペットブームの黒幕の罠でした。

 

ペットブームを起こした黒幕の正体は、

 

昔ベイビーカンパニーに働いており、ボスベイビーの憧れの存在だったフランシスフランシスでした。

 

フランシスフランシスは、身体的な理由から『不思議な粉ミルク』を飲むことができず、どんどん成長し、ベイビーカンパニーをクビにされていたのです。

 

その復習により、賢くかわいいペットを育て、人々に赤ちゃんが必要でないと思わせていたのです。

 

フランシスフランシスにより、『不思議な粉ミルク』は奪われてしまったボスベイビーは、『普通の赤ちゃんに戻る』という症状が出てきてしまいます。

 

一方、フランシスは不思議な粉ミルクを使用した子犬を世界中に拡散しようとします。

 

その企みをティムとボスベイビーは協力しあって阻止しようと奮闘するのでした。

Sponsored Link



 

ストーリーの結末ラスト

 

なんとかフランシスフランシスの企みを阻止できた2人。ボスベイビーはヒーローとなります。ティモシーの両親は赤ちゃんの記憶を消されましたがティモシーにはボスベイビーとの記憶が残してもらえました。

 

ティムには記憶があり、ボスベイビーとの思い出がこみ上げ、恋しくなります。ボスベイビーも元の世界での地位が確約されているのですがティムが恋しくなります。

 

そこで、ボスベイビーはある決断をするのでした。

 

それは、

『ティムの弟として生まれること』

 

ボスベイビーだったころの記憶はもちろん消えてしまいます。

 

最後は全てをなげうってでも『家族』になることを選ぶのでした。

 

ボスベイビーは全てを忘れても、ティムだけがボスベイビーとの記憶が残っている。

愛があふれるストーリーでもちょっと切ないですね。

 

ボスベイビーの感想

 

現代の少子化へのメッセージもありつつ、家族とは何か、愛とは何かということを考えさせられる映画だなと思います。

お子さんに兄弟がいれば、上の子はかなり感情移入すると思いました。

 

これからお兄ちゃん、お姉ちゃんになる子がいる人は家族で観に行ってみるのもいいですね。

 

家族のあり方について話す機会にもなるし、非情に家族で見ても感動する映画じゃないかなと思います。

ぜひ家族で!めちゃ感動すると思います。

面白い映画ですよね。遊び心と感動があってとてもいい映画だと思います。

今回はネタバレも含みましたが、この記事を見ても観たくなる映画だと思います。内容は知ってるけど何回も観たくなる映画だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.