だがしかし漫画の最終回はいつ?結末ラストやオチを予想とコトヤマ先生の次回作

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気漫画の『だがしかし』が最終回を迎えようとしていることがわかりました。いったい最終回はいつなのか、結末ラストはどうなってしまうのか、コトヤマ先生の次回作はあるのかなどを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

だがしかし漫画の最終回はいつ?

 

だがしかしの漫画が最終回を近々迎えることがわかりました。というのもコトヤマ先生がコミックス10巻にて、『こんいちは。いかがおすごしでしょうか。10巻です。気付けば10巻。前にも言ったようなことですが、連載が始まったころは、こんなに続くとは思っていませんでした。

 

1巻か2巻、うっかりで3巻かな・・・と。いやぁ、ありがとたいものです。ラストネームもできました。残りはもうながくありませんがよろしければ最後までお付き合いいただけたらなと思っております。』

 

というようなことがコミックス10巻に書かれていたからなのです。

 

では、このタイミングでの『ラストネーム宣言』はなかなか衝撃的だと思います。とくに10巻まで買っているファンにとってはかなりショックでしたね。

 

ということで、気になるは、『いったい、だがしかし、は何巻でいつ終わるのか』ということです。

だがしかし、終わってほしくないですが、予想していきましょう。

 

コミックス10巻での発表ということで、連載的には11巻分までは週刊少年サンデーに掲載はされていると思われます。(たまに、ペースのつかめない先生もいらっしゃいますが・・・)

週刊少年サンデーという人気週刊誌なので、11巻分までは掲載が順調にいっていると仮定すると、終わるの12巻、13巻あたりではないでしょうか。

 

というのも、10巻が発売される前、印刷される前までにこの『ラストネームもできた』ということを言ってるわけですから、近い巻数で終わることは間違いないようです。

 

ただ、ファンもビックリなのが、『終わる気配が全く見えなかった』ということで衝撃的ですね。

 

ということは、『だがしかし』の最終章に突入しているということなのかもしれません。

 

これまでのストーリーの伏線回収などラストネームを含む最終章にはいろいろ盛り込むはずですからね。

 

結末ラストやオチを予想

Sponsored Link



 

 

いろいろキャラクターが出てきてコメディー要素が高い人気作の『だがしかし』ですが、ここでは主人公ココノツがどうなるかだけを予想してみたいと思います。

 

いろいろストーリーはありますが、ざっくり要約すると『だがしかし』というマンガは

とある田舎町に住む主人公ココノツは漫画家を夢みていたが、実家である駄菓子屋を継ぐように父から言われてた。実家の駄菓子屋を継ぐことにあまり乗り気ではないココノツのまえに、ある日都会から『駄菓子マニアの美少女』が現れ、ココノツに対し、あらゆる手段を用いて駄菓子屋をつがせようとするコメディ漫画です。

 

という、要約を考えると、

ふつうにいって結末ラストのオチとしては、主人公ココノツが駄菓子屋と漫画家の夢を最終的に自分でどうにかするという形だと思います。

 

美少女の『ほたる』は大手菓子メーカーの枝垂カンパニーの令嬢だったわけですが、なんやかんやあって、消えたり、現れたり。

おもしろいキャラ設定だと思います。

 

また、ココノツと女の子たちの恋愛要素も・・・これまでいろいろ展開があって面白いので、最終的にはどう落ち着くかもみものですね。

ストーリー的なオチはなかなか、誰だどうなるというオチは想像するしかないんですが、結末ラストで言いたいことは、この作品で言いたかったメッセージを含めることが多いので、

おそらく現代への駄菓子屋さんにとっても、駄菓子から離れつつあるこどもたちにとっても、大人になり駄菓子の存在を再確認できた人たちにとっても、温かい気持ちになる結末だと思います。

 

それがどんなオチなのか結末なのか、それを想像するだけでかなり楽しいなと思います。

 

具体的なオチを想像できる人はぜひコメント欄にて、誰がどうなるとか書いてみてください。

コトヤマ先生の次回作

 

コトヤマ先生の次回作はどうなのかも気になりますね。今作がかなりヒットしたので、次回作はどんな作品になるのかをちょっとだけ予想してみたいですね。

まず、絵は変わりませんよね(笑)

 

ということで、この絵にあったストーリーになるのかな・・・と思いきや、漫画家さんっていろいろなジャンル描けるからすごいんですよね。

 

例えば、ラブひなの作者は同じように『魔法先生ネギま』など美少女系ではありますが、ラブひなになかったバトル要素も少しありますよね。

 

今回の『だがしかし』がヒットしたことから、大幅な路線変更はない・・・はずです。

 

ここで、だがしかし!!コトヤマ先生のデビュー作はなんと『イグジス』というヒーロー物なんですよ!

 

王道バトル漫画の可能性もなくはないということです。

 

駄菓子というテーマから生み出されるストーリーだったので、また違うテーマをもった次回作になるんだと思います。

 

今回のだがしかしのマンガの最終回のラスト結末にも注目ですが、次回作の構想も気になるところですよね。

 

いつか少年サンデーで発表があるかもしれませんね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.