永久コンタクトレンズにした指原莉乃の手術費用は?ICLの口コミや副作用はある?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

HKT48でAKB総選挙でもトップに君臨する指原莉乃さんがツイッターにてICL手術を受けたことを報告していました、ICLとは永久コンタクトレンズとも言われる、視力矯正手術です。

 

果たして永久コンタクトレンズとはどのようなものなのでしょうか?手術費用はいくらなのか、手術に副作用がないのかなど、口コミも調べてみました。

 

詳しくは以下をご覧ください。

永久コンタクトレンズの手術費用は?

神戸神奈川アイクリニックのホームページによると手術費用は両目で68万円となっています。

 

さらに、乱視があった場合には、プラスで10万円手術費用がかかるようですよ。指原さんに乱視があった場合は78万円の手術を受けたことになりますね。

 

医療はやはり費用がかかりますよね。こういったICLのような手術を受けたくてもお金がないという人もいると思います。

指原さんがICL手術を受けた神戸神奈川アイクリニックは68万円でしたが、クリニックによって手術費用は変わってくるようです。

 

また、お金があっても目の手術は怖いという人もいるでしょうね。

 

コンタクトレンズをするのも怖い人もいますし。そういった人にとっては『え?永久コンタクトレンズ??』ってわけのわからないことになってしまいそうです(笑)

 

目にずっとコンタクトレンズをいれるの?とかなり怖い想像をしてしまいそうです。

 

ということで、永久コンタクトレンズの手術、ICL手術とはどんなものなのか見ていきましょう。

ICLとは

 

スポンサーリンク




ICLは確かに永久コンタクトレンズと言われるとおり、小さなレンズを眼の中に挿入し、近視や遠視、乱視を矯正する手術です。

 

角膜を削らずに手術がかのうであることや、質の高い視界を実現できることから人気になっているようです。

 

また、レンズの交換は必要ないのですが、必要に応じて眼の中に入れたレンズを取り出すことも可能だそうです。

 

本当にコンタクトレンズみたいですよね。

 

指原さんはこの永久コンタクトレンズの手術を受けて、『起きた瞬間から目が見えて、朝甘えてくる飼い猫の姿を見たとき泣きそうになりました』と術後も視界良好なようですね。

 

また、れしいことにドライアイや充血もなくなったそうで、副作用どころかいいところずくしだったようですね。

また、ドライアイや充血を『コンタクトが合っていなかった』という分析も!

ICLの手術はみんながみんな受けられるわけではないので、もし、今コンタクトをしていて、ドライアイになったり充血したりする人は、今すぐコンタクトを変えた方がいいかもしれませんね。

口コミを紹介!

ICL手術についての口コミを紹介していきます。

プロボディーボーダーの鈴木彩加さんは、実際に手術を体験してみて

『最高です。自分の目で見えるということの喜び、感動が強く、本当に世界が変わりました。』

引用元:神戸神奈川アイクリニック

といっています。

また、ヨガインストラクターの岩崎玉緒さん

実際の手術は緊張しましたが、ドクターやナースの皆さんが優しく声をかけながら進めてくれたので、不安や痛みもなく、10分もかからず、あっと言う間に終わりました。

引用元:神戸神奈川アイクリニック

と10分足らずの手術だったそうです。

手術費用は高いですが、10分ほどの手術で視力が劇的に回復するのはかなり魅力的ですよね。

手術後の副作用は?

また、手術後におこる副作用はあるのかを調べてみました。

 

手術後の炎症だったり、視力が安定するのに1~3か月かかることもあるようです。

 

また、一人一人にあったレンズを挿入しますが、挿入後に屈折率が変化することもあるようですよ。

 

また、挿入レンズがズレたりすると再手術をしたりするようです。

 

レーシックほどではありませんが、ハローグレアだったり、虹彩炎が起こることもあるそうです。また、手術の傷から感染症を起こす可能性もあるそうです。

 

このように、書くとちょっと怖くなってしまいますが、あくまで考えられる副作用、術後のトラブルを紹介しただけです。

 

必ずしもそうなるわけではありません。

 

 

指原さんは、かなり視界良好でドライアイや充血もないと言っていますし。

まとめ

このように、今回指原莉乃さんがICLをしたことで、かなり『やってみたい』という意見が多くみられました。

 

レーシック手術よりも今後、永久コンタクトレンズの方がメジャーになるかもしれませんね。

 

ただ、手術費用はけっこうするようなので、迷うところですね。

スポンサーリンク





 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.