日本プロゴルフ選手権プレーオフで藤本のクラブがボールに接触!映像やなぜ無罰か検証

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク


こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

今回ご案内するのは、第86回日本プロゴルフ選手権のプレーオフについてです。

 

なにやら、見ていた人からは『おお?』という場面があったようですね。それが、プレーオフの1ホール目で文元選手がボールを打つ前に『藤本選手のクラブがボールに接触したのでは?』ということです。

 

もし接触していたらどうなるんだろう、ペナルティはないのかな?なんで無罰だったの?もう一回映像で確認したいな・・・と思いました。

 

ネット上では『当たった?』『触れた?』『見た人いない?』など、どうなっていたのかが気になっている人がいるようです。

 

日本プロゴルフ選手権は谷口徹選手が優勝したのですが、あえて振り返ってみようと思います(笑)

 

それではまいりましょう。

藤本選手のクラブとボールが接触したことについて

スポンサーリンク

日本プロゴルフ選手権、プレーオフで、藤本の第三打目のアドレス中に、ボールが動いたような気がしたんですけど、見た人居ませんか?

もしかしたら、打つ前に、クラブがボールに触れてるかも

しれません。

スローモーションもやらないし、分かりません。

引用元:Yahoo!知恵袋

このように、藤本選手のクラブ接触していたのかどうかが気になっている人がいるみたいです。

このように、ボールに当たってしまったのでないか、接触しているのではないか見ているようです。

このように、藤本選手の動揺まで注目していました。

 

それでは、実際に触れているのかどうかはこちらに動画が上がっていました。

日本プロゴルフ選手権

動画でカメラがこの部分をとらえたときに、クラブとボールが接触してしまっているんですね。

 

それでは、打つ前にクラブにボールが当たることはペナルティにならないでしょうか?

なぜ無罰なのか

実はこれはペナルティはありません。無罰です。

 

ペナルティになってしまうのは、

『故意にたまに触れたとき』とあるのですが、ちゃんと『アドレスの際にクラブが球に触れたときを除くと書いてあるのです。

なので、今回の藤本選手はアドレスの時に触れてしまっているのでセーフですね。無罰なのです。

 

ということなので、ペナルティを心配していた方は安心してください。

 

しかし、ゴルフファン的にはハラハラする内容でしたね。

 

藤本選手もせっかくのプレーオフでペナルティくらってたら会場の雰囲気も台無しでしたね(笑)

 

今回は以上です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.