2018/06/24

本田圭佑の顔色が悪いけど体調不良の原因はバセドウ病?病気の再発や悪化は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

サッカーワールドカップが盛り上がっていますが、一つ心配な噂があるので検証してみたいと思いました。

 

それが、本田圭佑選手のバセドウ病とい噂があり、今回のワールドカップのコロンビア戦で先発を外れたきっかけ?と考える人もいるみたいです。

 

コロンビア戦で途中出場し見事にアシストした本田圭佑選手ですが、観ていたサポーターからは『顔色が悪いんじゃない?』と心配の声が上がっています。

 

この顔色が悪かった原因は、バセドウ病の再発や悪化が原因なのでしょうか?

 

調査してみたいと思います。

バセドウ病とは

スポンサーリンク

バセドウ病がどのような病気なのかを観ていきましょう。

症状の現れ方
甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。

バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

引用元:https://katei-igaku.jp/dictionary/detail/210107000.html

バセドウ病の症状について
甲状腺ホルモンが必要量より大量に産生され、血液中に多く流れ全身の新陳代謝を活発にさせるために、以下のような様々な症状が現れます。

全身症状
暑がり、疲れやすい、だるい、体重減少、又は体重増加
体温
微熱
顔つき・首
目つきがきつい、眼球突出、複視、甲状腺腫大
神経・精神症状
イライラ感、落ち着かない、集中力低下、不眠
循環器症状
動悸、頻脈、心房細動、心不全、むくみ、息切れ
消化器症状
食欲亢進、食欲低下、口渇、軟便、排便回数増加
皮膚
発汗、脱毛、かゆみ、皮膚が黒くなる
筋骨症状
脱力感、筋力低下、骨粗鬆症、手足のふるえ、周期性四肢麻痺(男性のみ)
月経
月経不順、無月経、不妊
血液値
コレステロール低下、血糖上昇、血圧上昇、肝障害

引用元:金地病院http://www.kanaji.jp/basedoubyou_1/

バセドウ病に見られる一般的な症状は、甲状腺疾患を理解するための基本的な知識のところに書いてあり
ますのでここでは述べませんが、この二つの症状については副作用と間違われたり、他の疾患と間違われ
たりしてよく質問されますので説明したいと思います。
バセドウ病に起こる筋肉の異常についてよく知られているのは、筋力の低下、特に腕や足のつけ根の筋力
が落ちることです。ひどくなると和式のトイレで立ち上がれないということがあります。これは甲状腺ホ
ルモンの過剰が続くための症状で,程度の違いはありますがほとんどの患者さんに見られます。甲状腺ホ
ルモンが正常になりますと筋力も元通りに回復します。

(後略)

引用元:http://www.thyroid.jp/pdf/3-a.pdf#search=%27%E3%83%90%E3%82%BB%E3%83%89%E3%82%A6%E7%97%85+%E7%AD%8B%E8%82%89%E4%BD%8E%E4%B8%8B%27

本田圭佑選手がバセドウ病だと言われてるのは似たような症状が出ているからだと言われています。

本田圭佑の顔色が悪いのはバセドウ病が原因?再発や悪化?

さて、ワールドカップで本田圭佑選手が見事にゴールをアシストしたんですが、プレーを観てたサポーターはバセドウ病が再発・悪化したのでは?と心配しています。

彼が先発出場をコロンビア戦で外れたのも体力的な面と言われていますよね。

 

もしかしたら体調が悪いだけかもしれませんが、とても心配です。

 

ただ、本田圭佑選手はいくつもの困難を乗り越え私達に感動を与えてくれることが多かったので、無理はしてほしくないですが活躍を期待してしまいますね。

試合出場は可能?

スポンサーリンク

本田圭佑選手が先日のコロンビア戦で『打撲』して別メニューの練習をしているという報道がありました。

 

顔色が悪かったのももしかしたら『打撲』が原因かもしれませんね。

 

確かに本当に本田圭佑選手がバセドウ病で再発したり、悪化してたりしたら心配ですが、軽い打撲なら試合の出場も可能ですよね。

 

本田圭佑選手のアシストを観てしまうと次の試合も、その次の試合も観たくなってしまいます。

まとめ

本田圭佑選手本人はバセドウ病ということは公表していないようです。

 

なので症状や手術後を観る限りバセドウ病の可能性が高いとしか言いようがありません。

 

仮にバセドウ病だった場合、再発・悪化の心配はあるかもしれません。

 

ただ、本田圭佑選手がどんな病気だろうと日本代表として頑張っている姿 に日本中が感動するのだと思います。

 

『体力面の心配』などと言われていますが、その声を見事に跳ね返したコロンビア戦のように、サポーターの予想を上回るプレーを期待したいですね。

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.