松本智津夫が遺言で遺灰遺骨を四女には本当?引き渡し理由や狙いを考察

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

松本智津夫が遺灰を四女にという遺言していたというニュースが流れました。

関連記事もチェック

青山吉伸弁護士の現在は?オウム関係者は今どうしているのかを調査

石井久子の現在は?オウム関係者が今どうしてるのか調査

 

これが本当なら、なぜ四女だったのでしょうか?引き渡す理由や狙いについて考察してみたいと思います。

スポンサーリンク



 

松本智津夫が遺言で遺灰遺骨を四女には本当?

報道では、松本智津夫は四女に遺灰を四女に渡すように遺言していたみたいです。

ただこのツイートにもあるように、どういうつもりだったのか、四女に引き渡すように遺言した理由や狙いが全く分からない状態です。

 

なので、そもそもこの遺言していたということは本当なのかと疑っている人もいるみたいです。

もちろん、松本智津夫が遺言を残さなかった事は、朝日新聞が記事にしています。しかし遺言以外で遺灰の引き取り相手を指定するなんて不可能なのに、じゃぁ東京拘置所は何を法的根拠にして、四女が引き取り先だなんて言ったのか。法的にはかなり意味不明

引用元:https://twitter.com/sin_Lv98/status/1015922098605195264

 

スポンサーリンク

 

引き渡し理由や狙いを考察

遺骨の引き渡しは四女にということだったのですが、四女側が『身の危険を感じる』として拒否しました。

 

当然こうなることがわかっていながらも、一時は四女に引き渡そうとしていた理由や狙いはなんだったのでしょうか。

関係者によりますと、松本元死刑囚の遺体の引き渡し先が正式に決まっていないため、法務省は遺体が傷む前に火葬しました。遺骨の引き渡しについて、法務省は松本元死刑囚の四女の代理人と話し合いを進めていますが、四女側が、いま引き渡された場合「身の危険を感じる」などという意向を示したため、遺骨は東京拘置所でしばらく保管されることになりました。一方、三女らは松本元死刑囚の妻に引き渡すよう求めています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180709-00000012-ann-soci

四女側が拒否するまでは、取材で以下のようなことがわかっているはずです。

 今後の焦点は遺骨を誰が引き取るかですが、法務省は教団との関係を絶ったとされる松本元死刑囚の四女側に引き渡す方針を決めたことが関係者への取材でわかりました。

松本元死刑囚のことを今でも信仰している信者にとって、遺骨こそがシンボルとなるため警視庁は厳重な警備を敷いていて、奪還作戦など不測の事態に神経を尖らせています。(09日07:27)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180709-00000033-jnn-soci#contents-body

 

四女側が拒否することもおそらくわかっていたことなのかもしれませんね。

 

誰かに渡すという形をとらずに拘置所で保管することはできないと判断した可能性もあります。

 

四女に遺灰遺骨を引き渡そうとした理由や狙いは、遺骨こそがシンボルになるので、『教団と関係者には絶対に渡せない』という意思表示だったのかもしれません。

 

今後は遺骨の行方に注目が集まりそうです。

 

関連記事もチェック

青山吉伸弁護士の現在は?オウム関係者は今どうしているのかを調査

石井久子の現在は?オウム関係者が今どうしてるのか調査

 

それでは。

 

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.