ジュセリーノの大地震6月21日の予言は嘘か都市伝説?当たるかはずれか検証

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

こんにちは。ガイドです。

 

今回は気になるというより見逃せないことなので書いていきたいと思います。

 

ジュセリーノという予言者が6月21日に日本で大地震がくると予想しているようです。

 

ジュセリーノの予言は嘘なんでしょうか?よくある都市伝説か、『当たる、はずれる』を検証してみたいと思います。

ジュセリーノの予言とは

スポンサーリンク

そうこれはジュセリーノの予言であって、必ず当たるとは限らないと思っておくことが大切です。

 

6月18日に発生した大阪北部の大地震につづき21日にも大地震がくるとジュセリーノが予言しているようです。

 

このように今度は東海地方で大地震が起こるとジュセリーノは2007年に予言していたということです。

 

6月18日に大阪北部の大地震が起こっただけに『こっちのことでは?』と思うこともありますが、なんせ予言の日が2018年6月21日で場所が東海地方と言っているので、6月21日までジュセリーノの予言が気になってしまいますよね。

 

予言と言っている時点で『嘘か都市伝説』だろうと思うのですが、当たるかはずれるかを検証してみたいと思います。

ジュセリーノの予言は当たるかはずれるかを検証

スポンサーリンク

今回、6月18日に大阪北部で大地震が起きたことからジュセリーノの予言は当たるのでは?と不安になっている人が多いようです。

ただ、このジュセリーノの予言は外れることもかなりあったみたいです。

 

実際に日本の地震の予言も過去に外しています。

今回、南海トラフとの関連性も注目されていますが、気象庁が『南海トラフとは関係ない』という見解を示しているので、南海トラフの予言ではなさそうですね。

このように検証の結果、ジュセリーノの予言は外れる可能性が高いということです。

 

やはり、こういった予言めいたことは都市伝説や嘘の部分もあるので、ネットの情報に踊らされないようしましょう。

 

もちろん、予言が当たる、外れるに限らず、これからくる大地震に備えておく必要はあるので、十分注意してくださいね。

 

安全経路の確保、防災セットの用意、避難場所や家族との待ち合わせ場所、連絡方法などシミュレーションしておくことが大切です。

 

あまり、予言や都市伝説に踊らされされ、必要以上におびえる必要はないのですが、今回は予言が良くも悪くも出回っているため、次の大地震への意識を持つ人も多いみたいです。

 

予言は信じない方がいいですが、次の地震は注意した方がいいという結論です。

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.