2018/03/04

アニメかくりよの宿飯のラスト結末とネタバレ!天神屋のモデル旅館は実在?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

2018年4月よりアニメ「かくりよの宿飯」が放送されます。今回は、かくりよの宿飯のラスト結末などのネタバレや、アニメや作品に登場してくる大旅館、天神屋は実在するのかなどを紹介していきたいと思います。

詳しくは以下をごらんください。

かくりよの宿飯とは

 

かくりよの宿飯は友麻碧さんによるライトノベル作品です。

この作品はシリーズ累計50万部を突破するほどの人気作になっており、アニメ化がかなり注目されていました。

今回は、アニメ化にともない、少しあらすじなども紹介していきたいと思います。

主人公の津場木葵は祖父が残した借金のカタに、鬼神の嫁としして暮らすことになります。

住む世界はあやかしが清む世界『隠世』(かくりよ)にある老舗宿でした。

そこで主人公は『料理』で生き抜くことを決めたのです。

最近料理系のアニメも多いですが、あやかしと料理、そして宿とはなかなか面白い設定だと思いいました。

まさに宿飯ファンタジーというジャンルですね。

かくりよの宿飯のあらすじ

主人公の葵は、あやかしが見える女子大学生です。料理が得意で、野良犬や野良猫ならぬ、野良のあやかしを餌付けしたりしていました。

ある日、祖父の借金のカタに、あやかしの棲む世界『隠世』(かくりよ)にさらわれ、鬼神の嫁になります。

鬼神は大旅館『天神屋』の大旦那であり、葵の祖父とも知り合いでした。

鬼神の嫁になることがどうしてもいやだった葵は『働いて借金を返済する』と宣言し、たどりついたのが『料理』でした。

和風オムライスや豆腐アイス、親子丼など、料理も『和風』な感じで登場したりします。

まあ、旅館がイメージですからね。

料理あり、人間関係あり(あやかし関係?)、旅館問題ありのファンタジーになっていて、非常に人気です。

シリーズを重ねるごとにライバル宿とか出てきて面白いですよ。

夏目友人帳とか、千と千尋の神隠し、料理、3つの要素がまじりあった感じになってますかね(笑)

夏目友人帳や千と千尋の神隠しが好きな人はかなり楽しめるんじゃないかなと思います。

かくりよの宿飯のラスト結末ネタバレ

スポンサーリンク




はじめ、主人公の葵とあやかしには心の距離感があるんですよね。

葵は、あやかしを見ることができて、あやかしを見ても動じない性格です。困っているあやかしを見ても親切にしていたんですが、問題はおじいさんの史郎です。

史郎は『かくりよ』でもトラブルをおこしており、あやかしからはあまりよく思われていないんですね。

心の距離があるなか、物語を進めるためにはやはり『味方』が必要になってくるんですね。

葵を快く思っていないあやかしが多い中若旦那の『銀次』は最初から葵に親切に接してくれたんです。

親切にしてくれるあやかしもいれば、いやがらせをしてくるあやかしもいるのです。

今回はアニメ1期ということで、ラスト結末は原作通りにするのか、アニメオリジナルで終わらせるのかが見ものですね。

シリーズ自体はまだ完結していないので本当の結末ラストではないですが、アニメ1期のラスト結末のネタバレとしては、2期につづくような終わり方だと思います。

ここであやかしの世界とバイバイとなっては、千と千尋の神隠しじゃないですか。

当然、あやかしの世界、かくりよで生きていくのですが、アニメ1期で出てきたキャラとは仲良くなって、『いい仲間』的な感じで終わるんじゃないかと予想しています。

小説のネタバレを少し含んでしまうのですが、読者が葵ちゃんと大旦那の関係が急接近するストーリーもあるんで。

とにかく、アニメシリーズではオリジナルで終わるのか原作通りに進めるのかも見どころの一つですね。

天神屋は存在する?

そう、この作品に登場する旅館『天神屋』のモデルとなった旅館が実在するのかを調べてみました。

天神屋という旅館は当然日本ではなかったです。静岡県においしい総菜屋さんとして『天神屋』は実在するようですが。

旅館のモデルがかなり気になりますよね。

たとえば、千と千尋の神隠しでは『道後温泉』や『渋温泉金具屋』だったりがモデルと言われているので。

このあたり、天神屋はどこの旅館を参考にしたのかが気になりますね。

でもけっこう千と千尋の神隠しのモデルと言われた渋温泉は入ってるんじゃないかなと思いました。

引用元:旅ぐるたび

けっこう似てると思いませんか?

まだ公式的な発表はないので、いずれアニメがヒットしたらわかってくるかもしれません。

ますます、アニメシリーズから目が離せませんね。

まとめ

宿飯ファンタジーな今回の作品。

注目は、メニューですが、『食』を通しての人とのつながりじゃないでしょうか。

今回は登場人物はあやかしですが、作者やアニメ制作者がいいたいのは『食』による人と人との関わりかたではないかなと感じます。

葵という主人公は、碧と同じ読み方をします。この、『かくりよの宿飯』の作者である友麻碧さんと字が同じですね。

なので、主人公の目線から、作品にはかなりメッセージ性があると考えられます。

思い入れが強い作品だとおもいますので、今後、アニメがヒットしたり、話題になるたびに、もっともっと深いストーリーの設定だったり裏話が出てくることが期待されますね。

本当に今後が楽しみです

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.