2018/04/13

この世界の片隅にドラマの主役のすず役はのん?キャストや配役を予想

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

この世界の片隅に』がこの夏、再び実写ドラマ化されることが発表されましたね。

 

アニメ映画では、主役のすず役をのんさん(能年玲奈)が演じたことでも話題になりました。

 

ただ単に、のんさんで話題になっただけではなく、第21回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 大賞を受賞するなど、作品の完成度もかなり高く、話題になりました。

 

今回は、話題になった『この世界の片隅に』が実写ドラマ化されるということで、主演は誰なのか、のんさんでいくのか?また他にキャストは誰なのかを予想してみたいと思います。

追記

『この世界の片隅に』の実写ドラマのすず役は松本穂香さんに決まりましたね。

『意識高すぎ!高杉君』のセリフでおなじみの美少女ですね。

話題の美少女であり、魅力的な女優さんですので楽しみです。

きっと良い作品になると思うので注目です!

ドラマ版この世界の片隅にの主演はのん?

夏には、連続ドラマ化されることが決定されている『この世界の片隅に』ですが、主要キャストが気になりますね。

 

とくに、主役のすずさんは誰になるのかが、かなり話題になりそうです。


まず最有力候補は、のんさん(能年玲奈)ですよね。

のんさんは、連続テレビ小説『あまちゃん』でもヒロインを演じて有名になりましたよね。

 

そして、なによりも『この世界の片隅に』の主役のすず役の声を演じていた本人です。

 

アニメが先だった作品の実写ドラマ化の場合、たいてい声優さんがそのまま実写に抜擢されることはあまりないケースですよね。

 

ただ、のんさん(能年玲奈)は、連ドラ主演の経験もあり、『この世界の片隅に』のすず役の声を担当していたので、そのままの起用されるのだはないかと予想されます。

 

というより、のんさんを


期待している人がかなり多いんじゃないかなと思います。

 

しかし、のんさんがテレビドラマでは出てこないのではないか?という不安もありますよね。

 

『海月姫』は映画ではのんさん(当時、能年玲奈さん)だったわけですが、今期のドラマ化では芳根京子さんだったんですよね。

 

ですから、配役は変わる可能性がありますね・・・

 


芳根京子さんだったり、綾瀬はるかさんだったり、それは、それで見ごたえはあると思うのですが、やはり今回の『この世界の片隅に』では、のんさんがいいなという声が多いのかなと思います。

『この世界の片隅に』キャストや配役を予想

スポンサーリンク




主役のすずさん役が気になるところですが、主要キャラのキャストも気になるところですね。

  • 北條周作(CV:細谷佳正)
  • 黒村径子(CV:尾身美詞)
  • 黒村晴美(CV:稲葉菜月)
  • 白木リン(CV:岩井七世)

主役のすずさん以外の主要キャラはだいたいこんな感じですかね・・・

 

では、誰がどの役を演じるのか配役を予想してみました。

そのままのケース

のんさんが、主役をそのまま演じる可能性もあるように、アニメの声をそのまま実写ドラマ化にもってくるケースもあるかもしれません。

ただ、黒村晴美役は、年齢や背丈が違うかなと・・・

なので、もうちょっと年齢の低い子役かなという印象ですね。

あとは、大人なので、絵とのイメージは少し離れるかもしれませんが、可能だという印象をうけました(笑)

前のドラマ化の配役もあり

実は、『この世界の片隅に』は以前もドラマ化されているんですよね。

その時の配役が

北條すず・・・北川景子

北條周作・・・小出恵介

白木リン・・・優香

北條径子・・・りょう

北條晴美・・・小西舞優

やはり、ドラマということもあり、豪華ですね。

ちなみに小西舞優さんは、当時6歳でした。

今回のドラマで晴美役を演じるのは6歳くらいの子役かなと思います。

 

話題性からいうと、新海誠監督の娘の新津ちせちゃんかなという予想もあります。7歳くらいですし、映画『三月のライオン』のモモ役として出演しています。

 

周作を小出恵介さんが演じるのは、騒動もあったのでまだ無理かな・・・と。でも、リン、径子はそのままの配役でもいいんじゃないかと思うほどですね。

 

全く違う感じの『この世界の片隅に』になるのか、配役は注目ですね。

 

それこそ、今話題の俳優、女優さんたちが演じる可能性が大いにあるということですね。

 

竹内涼真さん、山崎賢人さん、坂口健太郎さん、福士蒼汰さん、などのイケメン俳優さんたちとか、芳根京子さん、木村文乃さん、岡里帆さん、有村架純さん、など誰が出てもおかしくないと思います。

 

小出恵介さんが前にやっていたということもあり、やはり周作さん役はイケメン俳優が担うのではないかと予想されます。

 

リン役に関しては、優香さんみたいな、おしとやか系の女優さんになるのかなと、そして径子役はりょうさんみたいに、かっこいい系の女優さんになるのかなと思います。

まとめ

2018年版の『この世界の片隅に』の主演はどうなるのか、配役、キャストが注目ですね。

 

のんさん、が主役をすればまた大きな話題となることは間違いないと思います。

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.