2018/07/22

小室圭の留学費用は誰がどこから出すの?税金問題や借金スキャンダルを調査

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気にある世界についてご案内していきたいと思います。

 

ここ数日で話題になっているのは小室圭さんの留学問題ですね。

 

海外で弁護士の資格取得を目指し3年間留学するみたいですが、ここで疑問が出てきます。

 

ネット上でも

 

借金400万円のスキャンダルは解決したのかな?

 

この留学費用ってだれがどこから出してンるんだろう?もしかして税金?

 

などと疑問やわからないことが多いみたいです。

 

そこで、私も気になったので調査してみることにしました。

 

それでは、まいりましょう。

スポンサーリンク

 

小室圭さんが海外留学

 

お二人は昨年9月に婚約が内定したが、「充分な準備を行う時間的余裕がない」として今年2月、結婚とそれに関わる諸行事を「再来年(2020年)に延期」すると発表していた。その後、具体的な予定は明らかにされていない。

関係者によると、小室さんは今年春、勤務先の法律事務所に渡米の希望を申し出た。すでに米国での通学先は決まっており、現在の事務所に籍を残し、21年に帰国後、再び勤務する予定という。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000085-asahi-soci

小室圭さんはいつも通り出勤していました。

 

夏ごろから3年間留学することから結婚式が2020年まで延期するとのことです。

 

さて、3年間頑張って留学してアメリカの弁護士資格を取得してもらいたいのですが、やはり気になるのが留学資金についてですね。

小室圭の留学費用は誰がどこから出す?

さて、小室圭さんの留学費用はだれがどこから出すのでしょうか?

 

この疑問の前に、まず気になるのが借金スキャンダル問題ですよね。

借金スキャンダルは解決?

まだはっきりした報道が出ていないのですが、週刊文春によると小室圭さん母親は借金があるみたいですね。

 

この問題が解決したかどうかはわかりませんが、世間では結婚延期は借金スキャンダルも影響しているのでは?と見ている人もいるみたいです。

 

なので、借金があると報道されているにもかかわらずアメリカに3年間留学するという報道が出たので世間はびっくりしているみたいですね。

 

留学費用は誰がどこから出すのかが非常に気になっている人が多いいようです。

このように疑問が出ていました。

 

留学費用問題に関してさまざまな意見があります。

小室圭さんの留学費用は勤務先が出してくれるのでしょうか?

眞子さまの婚約相手だからといって税金が使われることはあるのでしょうか?

 

小室圭さんの留学費用に関してはさまざまな憶測がとんでいます。

 

週刊誌でスキャンダル報道があったこともテレビで大きくはとりあげられなかったので、ワイドショーで留学費用について取り上げることは難しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

留学費用は税金?

さて、さきほども小室圭さんの留学費用に関して『税金』という意見が出ていましたが、それは可能なのでしょうか?

さらに、皇室経済法には第6条第7項で、「皇族の身分を離れる者」に国から一時金を渡すことが定められています。眞子さまの場合は1億数千万円が予定されていました。こうした支度金とも言えるお金の存在もまた、一般的な両性の合意による結婚と、皇族の結婚が大きく異なる一因といえます。Xさんからの借金の補填に、税金である眞子さまへの一時金が使用されるのではないかという疑念も残ってしまう。宮内庁は結婚延期の理由に「週刊誌報道は関係ない」との見解を示していますが、事態収束にむけて何らかの対応をすべきではないでしょうか。

引用元:文春オンライン

法律上、眞子さまと小室圭さんが結婚したら一時金という税金が小室圭さんの懐に入ってくることは間違いありません

 

まだ、眞子さまと小室圭さんは結婚延期になっているので一時金が使われることはないと思われます。

 

ただ、一時金の1億数千万円が入ることがわかっているので、さきほどのツイートにあったように事務所が費用を借りることは不可能ではないかなと感じました。

 

このステップを踏めば、小室圭さんは税金で留学したのではなく事務所の費用で留学するということになりますからね。

 

税金が使われた・・・とはならないようにしたのかもしれません。

 

まあ、すべて仮定の話なのですが・・・

 

小室圭さんにはしっかりアメリカで弁護士資格をとってもらってかっこよく日本に帰ってきて眞子さまと結婚してほしいですね。

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.