実写版ドラマこの世界の片隅にの傘のセリフのやりとりの意味は?風習を調査

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

この世界の片隅にがドラマ化されて松本穂香さんが主演をつとめていますね。

 

今回のドラマで『傘をもってきとるかの?』というセリフのやりとりがありました。

 

見ている人には『何かの風習なのかな?』と思った人もいると思います。

 

今回はドラマこの世界の片隅に出てきた『傘をもってきとるかの?』のセリフの意味について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



 

 

ドラマこの世界の片隅に

ドラマ『この世界の片隅に』のあらすじを簡単に紹介したいと思います。

すず(松本穂香)が北條周作(松坂桃李)のもとに嫁いで数日。山の上に建つ北條家には水道が通っておらず、共同井戸まで水を汲みにいくのがすずの日課となった。近所のことなら隣に住む刈谷タキ(木野花)が何でも教えてくれる。隣保の住民たちとも徐々に馴染みになってきた。中でもタキの娘・幸子(伊藤沙莉)や堂本志野(土村芳)ら同世代の女性とはかしましく話が弾む。すずは自分が嫁に来たことを実感する。
しかし、すずには悩みがあった。義母・サン(伊藤蘭)に家の慣わしを習いたいのだが、足の悪いサンに遠慮して聞けないのだ。一方のサンも敢えて家事に口を出さない。この状態がすずのストレスとなっていた。
そんなある日、径子(尾野真千子)が娘・晴美(稲垣来泉)を連れて北條家に帰ってきた。嫁ぎ先の黒村家と折り合いが悪くしばらくは戻らないという。径子は北條家の家事は自分がやるからすずは実家に帰れと言い放つ。周作は反対するがサンと義父・円太郎(田口トモロヲ)は径子の意見に賛成し、すずは嫁いで一ヶ月で実家に帰ることに…。

引用元:http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/story/

戦争の話です。

 

最初は新婚の様子が描かれていますね。

 

このときにあの『傘をもってきとるかいの?』のセリフがあったんですよね。

 

この傘のセリフについては、

 

と気になっている人がいたので調べてみました。

スポンサーリンク

 
 

傘のセリフは風習

新婚初夜に夫婦がコトをするときの合図みたいなものらしいですね。

 

地域によっては柿の木問答と言われていたり、今回の実写版この世界の片隅にで言われていたように『傘』をつかった傘問答と言われていたりします。

 


キャストも豪華で勉強になりますよね。

 

この世界の片隅に』には現代では使われていない言葉や風習が出てくるので、非常に勉強になります。

 

今回は以上です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 




 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.