くりえい社の炎上理由と謝罪文!対応法律や契約上問題無いかを考察

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
Sponsored Link
 

こんばんは。ガイドです。

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

印刷会社のくりえい社が大炎上しているみたいですね。その理由と謝罪文が話題となってします。

炎上が鎮火していないところをみると対応もまずかったのでしょうか?そのあたりが気になるの調査してみました。

それでは、まいりましょう。


くりえい社の炎上理由


私と同じようにくりえい社が炎上した理由が気にある人もいるので、まずは炎上した理由についてみていきましょう。

今回、くりえい社が炎上したのは以下の理由です。

 

株式会社くりえい社が以下のようなことをツイートしていました。現在は消去されています。

6/2(日)味覚糖UHA館『理由があって、大阪公演!』に弊社は休憩所を兼ねた漫画喫茶を出店致します。当日、お預けいただいた見本誌の展示と、平成28年以前に弊社で印刷した作品を数点展示させて戴く予定です。ただし、自分の本は許可できないとされる方は、メール等でご連絡下さい。

 

このようなツイートをしたところ大炎上したみたいですね。くりえい社も炎上していることを察知したのか現在はツイートを削除しているみたいです。

くりえい社の謝罪文

Sponsored Link



くりえい社のツイートは消されているようですね。ただ、謝罪文も炎上してしまっているみたいです。

 

 

謝罪文を消してしまっていることも炎上の理由の一つかもしれませんが、それよりも『何に対しての謝罪なのか』と伝わっていないことこも理由になっているようです。

 

確かに、『反省の上』って何を反省しているのか伝わってないですね。これらが炎上した理由ですね。

 

では、今回のくりえい社の対応を含め法律上や契約上こういったことが許されるのでしょうか?

 

気になったので調査してみました。

 

法律上は問題ない?

 

 

 

今回、くりえい社がこういったツイートを行ったということは契約書などに書いていた、書いていなかったという話にもなっているみたいですね。

 

もし契約書に書いてあったとしてもそもそもそういった契約はOKなのか、ということも問題になりそうですね。

 

ただ今回言えることは、くりえい社が直接お客様一人ひとりに許可を求める行動をしなかったことではないかなと思いました。

 

誠意を込めて『あなたの作品を展示させてもらいたいのですが・・・』と言っていればまた違った反応になったかもしれませんね。

 

今後、イベントはどうなるのか続報も気になります。



 



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューワールドほんのり , 2019 All Rights Reserved.