漫画BANKのウィルスの危険性と違法性は?代わりに無料で読めるサイトを調査

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

好きな作品を好きなだけ無料で漫画が読めたらどんなに嬉しいか・・・そんなことを思ったことありませんか?

ただ、それが出来るとしたらめちゃくちゃ怪しいですし、もちろん違法性が高いものだと考えますよね。

数年前までは漫画村というものが問題になって大きなニュースになりました。

そして、最近では『漫画BANK』なるものが話題になっているようです。

漫画BANKは無料で漫画読めるというもの。

『え?そんな嬉しいサイトがあるの?』

と飛びつきたくなると思いますがが、はっきり言ってオススメしません!!

最初に書いたように、違法性が高いですし、そういたサイトにはPCウィルスの被害がつきものです。

漫画村の管理人も逮捕されサイトは閉鎖したので、この漫画BANKもいつ閉鎖されてもおかしくありません。

今回の記事では漫画BANKがどういったサイトなのかを調査した内容を紹介したいと思います。

そして、違法性が高くPCウィルスにやられる可能性が高いサイトの代わりに『合法的に無料で漫画が読める』サイトもまとめましたで、最後まで読んでいただきたいです。

とくに今は在宅にいることが増え、本屋さんへ行けずにPCやスマホを触る機会が増えているので漫画BANKのような違法性が高く、PCウィルスの危険性が高いサイトは注意が必要だと思います。

というのも、多くの人がPCやスマホでネットにふれる機会が増える時期にこそ、違法サイトの運営者や悪い考えを持っている人たちに狙われやすいからです。

なので、今回は注意喚起の意味を込めて漫画BANKを取り上げさせていただきました。

ぜひ最後までご覧になってください。

それでは、参りましょう。

漫画BANKのウィルスの危険性と違法性は?

漫画村の代わりに漫画BANKを利用する人も多いかもしれませんが、すでにPCウィルスや違法性に関して警鐘を鳴らす声が広がっています。

漫画BANKの違法性や危険性についてまとめてみました。

漫画BANKとは

そもそも漫画BANKとはどういったサイトなのでしょうか?

無料で漫画を公開しているサイト
無許可であらゆる漫画が公開されている

つまり、違法性の高いサイトということです。

『他にも無料で漫画が読めるアプリやサイトがあるじゃん』

と思ったかもしれませんが、そういったサイトはちゃんと『許可』が取られていたりや『権利が守られている』からOKなのです。

自社で出版している作品を自社のサイトやアプリがで公開しているものもありますし。

こういったサイトやアプリは自社作品の宣伝になったり、過去の作品にも触れることで作者さんの名前も知ってもらう機会にもなりますから現代にあったスタイルだと思います。

しかし、漫画BANKのように許可も取られていない作品をバンバン公開されてしまえば、漫画を買う人が少なくなります。

そうなってしまうと、出版社は大きな打撃を受け、マンガ業界、出版業界が衰退してしまう可能性が大きいです。

つまり、漫画BANKのような違法性の高いサイトが出てくると漫画文化も衰退してしまう危険性があります。

当然、いつ漫画に携わる人達からいつ訴えられてもおかしくない状態です。

漫画BANKってどんなサイトなの?

『漫画BANKがどのようなサイトから知らなければ避けようがない』という声が聞こえて来そうなので、注意喚起の意味を込めて簡単に紹介します。

漫画BANKは漫画を検索して使うようです。

ただ検索フォームがあるだけの非常にシンプルな作りになっています。

作品を検索すると、巻数とか話数とか関係なくバラバラに出てきます。

クリックすると読める仕組みになっているようですが・・・ここで一度下の画像を見てください。

もうすでに危険な感じしますよね?

クリックすると縦スクロールで読めるようになっているみたいです。

もともと雑誌や単行本で2ページつかった見開きをイメージして描かれていることが多いので縦スクロール用に描いていない漫画って個性がなくなっているように感じます。

もともと縦型で書かれているなら読みやすいと思いますが、雑誌で連載されている作品はめちゃくちゃ読みにくいと思われます。

・違法性が高い
・危険性が高い
・作品の巻数や話数も整理されていない
・めちゃくちゃ読みにくい(と思う)

結論としては

PCやスマホを危険にさらさられながら、作品の面白みが半減している状態でわざわざ違法性が高いサイトを使う価値はないということです。

それならば、合法的に気持ちよく、快適に、無料で読めるほうが何百倍もいいと思いますよ。

漫画村との関連性は?

無料で漫画が読めるサイトというと記憶に新しいのが『漫画村』でした。

なので、

『漫画村と漫画BANKは何かしら関係があるのだろうか?』

と考えた人も少なくはないでしょう。

しかし、漫画村の管理人は逮捕されており、漫画村が名前を変えて復活したということでもなさそうです。

つまり、漫画村とは別サイトということですね。

なぜこういったサイトが出てくるのかは正直わからないですが、この漫画BANKが消えてもまた出てくるのかなーって思ってしまいますね。

漫画村が閉鎖されたあと、漫画の売上が上がった(もしかしたら、戻ったという表現の方が正しいかもしれませんが)ようなので、やはり漫画BANKのようなサイトはない方がいいと思います。

ウィルスや課金の危険性

漫画BANKを利用しようとすると広告が別タブで出るようです。

パソコンならば、違和感に気が付きますが、スマホだと広告がいきなり出て誤クリックにつながる可能性があるので注意が必要です。

クリックしてしまうことによってパソコンやスマホに不具合が生じる可能性はないとはいえません。

漫画BANKはサイトに漫画の画像を貼り付けているような仕組みになっていると思われ、漫画をダウンロードしようと思えばできてしまいます。

漫画BANKにダウンロードボタン自体は存在しませんが、漫画をパソコンに保存しようと思えばできてしまいます。

でも絶対にやめましょう。

広告だけでなく、漫画自体にウィルスなどが仕込まれている可能性も否定できませんからね。

代わりに無料で読めるサイトを調査

では、漫画BANKの代わりにどのようなサイトを利用すればいいのか。

サイトやアプリの使い方によっては、無料で合法的に人気漫画の最新巻を無料で読むこともできてしまいます。

そこで、数ある漫画アプリやサービスから、おすすめできるものをピックアップしてみました。

まんが王国

まんが王国
・登録無料
・月額課金なし
・登録特典として半額クーポン付与
・まんが王国という名前のとおり最新作や名作が豊富

U-NEXT

U-NEXT

・月額1990円(税別)

・31日間無料トライアル中に解約すればお金をかけずに最新巻をゲット

・雑誌読み容態サービスあり

・アニメや映画の見放題作品が業界トップクラス

・漫画購入もポイントバックされて普通に買うよりめちゃお得

さらに、無料で読めたり、お得に漫画を購入できるサービスも紹介します。

好きな作品があるかどうかチェックしてみてくださいね。

ただし最新巻を無料で読めるのは

U-NEXT

FODプレミアム

のどちらかなので特におすすめです。

まとめ

漫画BANKは有名漫画も最近連載している漫画も読めてしまうサイトです。

しかし、違法性が高く危険性もあることから利用はおすすめしません。

間違ってもPCやスマホに漫画を保存しようとしないでくださいね。

それこそ、違法ダウンロードなので!

漫画BANKのようなサイトは近いうちに閉鎖される可能性が高いと思われます。

あと、今回の記事でも触れましたが、このようなサイトで読むと作品の魅力が半減してしまいます。

面白さが半分の作品を違法性が高いサイトで、PCウィルスの危険にさらされながら読む必要はありません。

だったら、今回紹介した代わりになるサイトや、多少お金を出しても満足できる環境で気持ちよく漫画を読むほうがいいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© マンガ探偵 , 2020 All Rights Reserved.