MOMOチャンレジとは何?怖いキャラクターのネタ元や作者は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

MOMOチャレンジをご存知でしょうか?

 

ラインやSNSを使って精神的に混乱させるとても怖いものなのですが、そのゲームもあるみたいです。

 

MOMOチャレンジとはいったいなんなのか・・・

 

MOMOのキャラクターのネタ元や作者は誰なのかを調査してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

MOMOチャレンジ

 

最初知らずに見てしまうと、ほんとうにびっくりしますよ。

 

ちょっと早いハロウィンか!!ってレベルも超えてると思います。

 

それくらい、ホラー要素が強いものでした。

 

ただ、これがなぜ問題になっているのかというと、ゲームだけでなく、実際に精神的にダメージを受ける人た続出しているということです、

 

現在は、海外で流行しているみたいですが、日本でも流行つつありますので、もしMOMOから連絡があっても対応しないようにしましょう。

 

MOMOの画像を使うと、本当に怖いので、ツイッターで絵を書いていた方のものを引用させていただきます。

十分こわいのですが、いきなり見るよりワンクッションおけるかなと・・・

 

実際の画像は怖すぎますからね。

 

YouTubeやSNSで見る人は本当に注意してください。

 

さて、ちょっとMOMOチャレンジのMOMOの画像に触れたところで、ネタ元や作者について見ていきたいと思います。

 

MOMOのネタ元や作者は?

ネタ元や作者について、わかりやすく説明していただいているものを見つけました。

 

以前は青い鯨ってやつが流行りましたね。それは怖い画像などは出てこないので、知識としてならみてみても大丈夫かもしれません。(MOMOはやめた方がいいです)
内容は以下の通りです
ある日突然MOMOという人からTwitterやメールで連絡がきて、色々指示を送られてくるそうです
その指示に従わないと、個人情報などをばらまくと脅されるそうです。
ちょっと私も怖くって薄目でみていたのですが、その指示にずっとしたがっていると、次第に精神に異常をきたしてくると。最終的に自殺の指示がきて、被害者は自殺してしまうと。

Twitterで検索すると、MOMOのアカウントが出てきます。電話番号などがかいてありますが、電話を掛けると指示の電話が掛かってくるので掛けないで、とのことです。
基本的になにもしてないのに個人情報が盗まれることはまぁなかなかありません。電話番号が080から始まっていることもあり、相手も面白がっている日本人である可能性があるらしいです。
なにかあってもとにかく無視!!
ちなみにMOMOに使用されている女の画像は、とあるアーティストの作品であり、呪いうんぬんは全くありません。SPCみたいなもんです。

 

ここで一つわかっていなければいけないのは、MOMOのキャラクターは、なにもMOMOチャレンジのために作られたものではありません。

 

全く別の作品のものは、MOMOチャレンジに勝手に引用されたようです。

 

作者の方はえらいとばっちりを受けているかもしれませんね。

 

ちなみにMOMOのネタ元となっている作品は、NK FACTORYの相蘇敬介さんの「姑獲鳥」という作品です。

 

実際に東京の銀座の画廊に飾ってあるそうです。

 

なので、東京に来た人が海外で勝手にアイコンとして使って流行らせたのでしょうね。

 

全くいい迷惑です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回MOMOチャレンジについて書きました。

 

MOMOチャレンジは日本で流行ってもぜったいに手を出してはいけないということ

 

作者の作品はMOMOチャレンジと全く関係ないこと

 

これらをしっかりと意識しておく必要があると思います。

 

せっかくの作品が意図しないことで使われるのはとても悲しいですね。

 

今回は以上です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 




 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.