大原櫻子が解雇で個人活動や移籍?事務所がマネジメント契約終了の理由を考察

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。ガイドです。

 

今回もきになる世界についてご案内していきたいと思います。

 

大原櫻子さんが事務所との契約満了を突然発表したことが話題になっています。

 

この騒動についてファンからはカ『え?解雇されたの?』『引退するの?』などいろいろ憶測されていました。

 

今回、大原櫻子さんの今後について気になったの調査してみたいと思います。

 

果たして、大原櫻子さんは解雇されてしまったのでしょうか?

 

事務所が契約続行しなかった理由や大原櫻子さんの今後の活動についても考察してみたいと思います。

 

それでは、まいりましょう。

スポンサーリンク

 
 

大原櫻子が事務所と契約満了を発表

ファンとしては大きなニュースが流れてきましたね。

 

歌手で女優の大原櫻子さんが事務所との契約満了を発表しました。

歌手で女優の大原櫻子(22)が、9月30日をもって所属事務所との契約が満了になることが23日、公式サイトを通じて発表された。

これにより、公式サイト、スタッフ公式ツイッター、オフィシャルフェイスブックが9月30日に、ファンクラブ、オフィシャルWEBショップが9月28日16時に閉鎖される。今後の活動や新ファンクラブについては、ビクターエンタテインメントの大原櫻子ホームページ、インスタグラムを通じて伝えられる。

なお、9月・10月に公演予定の『ONWARD presents 新感線☆RS「メタルマクベス」disc2 Produced by TBS』への出演、2019年2月公開の映画『あの日のオルガン』の出演についての変更はないという。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/15201392/

9月30日で現在所属しているビクターから離れるということで、今後の活動が気になるところです。

 

これのニュースに対して大原櫻子さんのファンの人たちは以下のような反応をみせています。

いや〜ほんとうに一瞬『引退』の文字よぎりましたよね笑

 

でも、引退はしないということなのでめちゃくちゃホッとしています。

 

ただ、女子高生たちが『大原櫻子どうなるの〜?』と気にしていたように、ファンの人たちは今後の活動が気になるところです。

 

そこで、今回の大原櫻子さんの事務所マネジメント契約満了について考察してみたいと思います。

事務所に解雇されたのではない

まず誤解されやすいのが、『大原櫻子さんが解雇された』というようになることです。

 

とくに解雇ということではないみたいですし、おそらく『専属マネジメントの終了』ということだと思われます。

うまくまとめてくださってますね。

 

おそらく、専属マネジメント契約が満了なだけでレーベルはビクターのままだと思われます。

スポンサーリンク

 

事務所がマネジメント契約終了の理由や移籍を考察

なので、レーベルを移籍するということはないと思いますが『業務提携』できるようにしたということではないでしょうか。

 

大原櫻子さんは女優としても活躍していますし、音楽活動のマネージメントだけでなく、女優のマネジメントしなければいけないので、女優業のマネジメントができるところに所属する可能性はあるかもしれませんね。

 

実際に同じビクターの所属アーティストの及川光博さんはホリプロと業務提携しています。

 

及川 光博(おいかわ みつひろ、1969年10月24日 – )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。東京都出身。成城学園中学校高等学校、成城大学法学部法律学科卒業。業務提携先はホリプロ。2015年まではマザーエンタープライズに所属。所属レコードレーベルはColourful Records。妻は女優の檀れい。

引用元:ウィキペディア

※Colourful Recordsの親会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

 

なので、大原櫻子さんもビクターには所属しますが、タレント業、女優業などは別の事務所がやるということなのかもしれません。

 

今はまだビクター専属なので、他の事務所のことは話せないのだと思います。

 

だから、『契約満了』というニュースになったのかなと考察してみました。

 

個人事務所を作って活動をするということも、もしかしたらあるかもしれませんね。

 

今の時代ならありそうな話です・・・

 

今後の活動については大原櫻子さんのインスタグラムでもお知らせしてくれるようなので、ファンとの距離は変わらないと思います。

 

大原櫻子さんの9月30日以降の活動は注目ですね!

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.