2018/08/10

大塚家具の身売りは匠大塚が買う?カグヤ姫久美子社長の今後はどうなる?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

大塚家具が身売りを発表しましたね。

 

大塚家具と言えば身内の闘争で久美子社長と父親で先代の大塚勝久氏と争っていたことがメディアでも話題になりました。

 

久美子社長の路線が採用され、大塚家具は久美子社長が舵を取っていくことになり、勝久氏は匠大塚というブランドを立ち上げました。

 

しかし、先日大塚家具は身売りを発表しました。

 

この身売りを買うのは、父親である大塚勝久氏が社長を務める匠大塚なのか、というのが気になりました。

 

そして、大塚家具のカグヤ姫と言われた久美子社長の今後はどうなってしまうのか、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク



 

 

大塚家具が身売りを発表

大塚家具が身売りを発表しましたね。

 

大手新聞社の記事でも取り上げられていました。

経営不振が続く大塚家具が自力での再建が困難な状況に陥り、身売り交渉を進めていることがわかった。昨年11月に資本・業務提携した第3位株主の貸し会議室大手、ティーケーピー(TKP)が増資を引き受け、経営権を握る方向で最終調整に入った。今月中旬までに買い手企業を決める方針だ。取引銀行は家電量販大手ヨドバシカメラによる子会社化を提案しており、交渉の行方には流動的な面も残る。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASL835JXML83ULFA028.html

今月中旬までに書いて企業を決めるとのことです。

 

すんなり匠大塚が買うということはしないみたいですね。

 

Q:大塚家具のカグヤヒメは身売りを決断したそうですが匠が買うことってありえますか。
そもそも匠の業績はどうなんでしょうか。

A:

匠も良くないみたい
客はついていると思うけど
巨大なスペースの賃貸や社員を賄うのがキツイ
この上、抱えるのは無理だと思う

自分もお家騒動の時は姫の言い分が良いと思ったから
経営のセンスは無いんだろうな

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13194072803?__ysp=5aSn5aGa5a625YW3IOi6q%2BWjsuOCig%3D%3D

どうやら匠大塚の方も苦しいみたいですね。

 

ここで、娘のピンチを父親が救えていたらカッコよかったのですが、現実は厳しいですね。

 

娘との戦いに敗れて大塚家具を去った大塚勝久氏は、私財を投じて「匠大塚」という、家具販売の会社を独自に立ち上げている。2016年には、大塚家具も店舗を構えていた、埼玉県春日部市に巨艦店舗を開いた。匠大塚では勝久氏が従来から貫いてきた方針を引継ぎ、高額品を豊富に品ぞろえしている。ただ、非上場のため、どこまで顧客に支持されているかは、明らかではない。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-52446490-business-bus_all&p=2

 

大塚家具は久美子社長はもっと庶民的な感じでリーズナブルな家具を取り入れて間口を広げることを選びましたよね。

 

一方、先代の勝久氏は高級家具店というブランドにこだわりました。

 

今となってはどちらが正しかったのかはわかりませんが、大塚家具には多くのファンがついていたので、今回の身売りは寂しいと思います。

 

こういった意見もあるみたいですね。

 

確かに、大塚家具は高級思考、現在の勝久氏がやっているように別ブランドを立ち上げてリーズナブルな方向にという手ももしかしたらあったのかもしれませんね。

 

お互いに大切なものを失ったまま別々の道を歩んでしまったのかもしれません。

 

そう考えると寂しいですね。

 

それでは、久美子社長の今後はどうするのでしょうか?

スポンサーリンク

 

カグヤ姫久美子社長の今後はどうなる?

おそらくですが、『スポンサー』や『銀行からの融資』を期待するはずです。

 

大塚家具のブランドがあるので、もしかしたら銀行も融資してくれるかもしれません。

 

しかし、父親との争いから生じたこの事態、業績の改善が見られないかぎり、問題を解決することはできないでしょうね。

 

スポンサーが見つかることが一番ですが、融資、そして法的な整理とだんだん追い込まれていくかもしれません。

 

久美子社長はどうなっていまうのか、大塚家具はどうするのか、勝久氏と和解していっしょに再建させることはできなのかこの8月で大塚家具の運命が決まると言っても過言ではないのかもしれません。

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.