2018/08/20

歴史に生まれた歴史の男の意味を文脈から解説!山根会長辞任で名前を残す?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

山根会長がテレビで『歴史に生まれた歴史の男』という発言が気になったのでその意味をインタビューの発言の文脈から調査してみました。

 

関連記事

山根会長のがんばってくださいの発言の意味は?東京オリンピックでボクシングが外れる?

 

これは山根会長が辞任をして歴史に名を残すという宣言だったのでしょうか?

スポンサーリンク

 

歴史に生まれた歴史の男

 

歴史に生まれた歴史の男という発言が耳にのこり面白いと思う一方で、『意味不明』という言葉も多かったです。

 

これは、どういった意味なのかを考察してみました。

 

会長を辞任を宣言してた?

 

「また全国におる選手の皆さん、父兄の皆さんにも、申し訳ありません。私は、歴史に生まれた、歴史の男でございます。だから自分の判断は自分で決めます。

出典:https://www.daily.co.jp/general/2018/08/07/0011522079.shtml

先日のインタビューで、謝罪しながらも『歴史に生まれた、歴史の男』という発言をしていました。

 

そして、8月8日に山根会長が辞任会見を開きましたね。

 

インタビューでは辞任はしないと言っていたんですがもしかしたら、辞任になるだろうという予想で『歴史に名を残す』ということだったのでしょうかね。

 

それとも、ずっと会長を死ぬまでやりとげて『歴史に名を残す』ということだったのか。

 

会見では『嫁に相談したら、死ぬまで面倒見るので楽になって下さい』と言われて辞任したとのことです。

 

なので、もしかしたら『俺の名前はずっと歴史に残るんだぞ』という意味だったのかもしれませんね。

 


歴史に生まれたかどうかはさておき、ボクシングの歴史、東京オリンピックの歴史には残ったかもしれません。

 

まさに空前絶後の超絶怒涛に印象にのこったボクシング連盟の会長だったことは間違いないですね。

 

決してジャスティスではなかったですが・・・

 

スポンサーリンク

 

まとめ

歴史に生まれた、歴史の男とは、おそらくですが『歴史に名を残す男』ということだと思います。

 

『私は、歴史に生まれた、歴史の男でございます。だから自分の判断は自分で決めます。』

 

意味を決定づけるのは『だから自分の判断は自分で決めます』という文ですね。

 

『だから自分の判断は自分で決めます』という文につながる意味でないとおかしいわけです(笑)

 

関連記事

山根会長のがんばってくださいの発言の意味は?東京オリンピックでボクシングが外れる?

 

なので、『歴史に生まれた、歴史の男』という意味は

 

今までのボクシングの歴史に突然現れて、歴史に名を残すような、偉大な人物で責任ある男だから・・・ということなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.