恋愛ドラマな恋がしたいのラスト結末は?最終回の台本のオチはやらせ?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。ガイドです。

 

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

 

恋愛ドラマな恋がしたい・・・私の心の声ではありませんよ。

 

『恋愛ドラマな恋がしたい』番組がかなり話題になっています。

 

かなり話題になっているのですが、こういった恋愛番組できになるのは『最終回はどうなるのか』ですね。

 

最後はどうなってしまうのか、ラスト結末の台本はあるのかなどを考察してみたいと思います。

 

スポンサーリンク



 

恋愛ドラマな恋がしたい

◇俳優・女優たちの恋愛リアリティーショー◇

ネクストブレイクを期待される若手俳優の男女8人が恋愛ドラマを撮影しながら本当の恋をする。
撮影期間は3か月。各話の主役を演じられるのは、選ばれた男女一組だけ。
そして、台本には毎回キスシーンが―。
役を勝ち取るべく稽古を重ねるうちに、嫉妬・あせり・そして本当の恋心が芽生える・・・?
そのキス本気?それとも演技?
撮影現場と、その外で繰り広げられる、恋と夢と青春の記録。

引用元:http://www.tvu.co.jp/program/Abema_renaidrama_201805/

男女の若手の役者がいろいろな恋愛シチュエーションの台本を渡され、男女ペアで演じる一方で、役者間でのリアルな恋も展開していくという番組です。

 

この番組でおもしろいのは、演技の恋なのか、本当の恋なのか視聴者がわからないところですよね。

 

それぞれ、好きなパートナーはじょじょに明らかになっていくのですが、恋愛ドラマのシチュエーションや組んだ相性などによって心が揺れ動く様子もおもしろいですね。

 

また、役者としても演技が判断されるので、渡された演技はみんな本気です。

 

それぞれ、恋の展開にドキドキしたり、かっこいい俳優さんがどうなるのか、かわいい女優さんがどうなるのか気になるみたいですね。

スポンサーリンク

 

恋愛ドラマな恋がしたいのラスト結末は?

恋愛ドラマな恋がしたい』のラスト結末はどうなってしまうのかを予想してみましょう。

 

第5話まではこんな感じでしたね。

 

今まで組んだことがない人同士を組ませるという、展開でした。

 

心に決めた人、両想いの人それぞれの不安が描かれています。

そう、これが『リアルな恋』ならば、俳優さん、女優さんにリアルに彼女、彼氏ができる瞬間を目にすることになります。

 

有名ドラマに出ているような女優さん、俳優さんがいるので芸能関係者もかなり注目しているのではないかと思います。

 

まだまだ、ラスト結末が読めないですね。

 

もしかさしたら、こんなオチが待ってるんじゃないかな・・・という想像だけしておきます。

最終回の台本のオチはやらせ?

『やらせ』というと語弊があるかもしれませんが、最終回の台本のオチが

 

『恋愛ドラマな恋がしたい』自体が台本ありのドラマでした

 

というオチこともあり得るのかなと思いました。

※あくまで一つの可能性です

 

なぜ、そのように思ったのかというと企画が『鈴木おさむ』さんなんですよね。

 

バラエティ色が強いという理由ではないのですが、鈴木おさむさんの小説『名刺ゲーム』のドラマのオチがふと頭によぎったのです。

 

テレビ業界の偉いポジションにいる主人公が過去の関係者に『なぜ恨まれているのか』を思い出させられながら命がけのゲーム『名刺ゲーム』を進めていくという話です。

 

最後のオチは、その名刺ゲーム自体が『主人公を苦しめるための番組の企画』だったのです。

 

主人公を恨んでいた人たちが協力し合って、『過去を暴露されながら苦しむ姿』をネットテレビの番組として作っていたということです。

 

現在の民放ではできない番組、ネット番組の可能性、テレビ業界の裏側などが描かれて非常に面白かったです。

 

今回の『恋愛ドラマな恋がしたい』もAbemaTVですよね。

 

『全部台本でした』というやらせ的なオチが出来るのではないかなと思いました。

 

鈴木おさむさんなら、これぐらいやってくるかもしれないですね。

 

あくまで、一つの可能性ですが(笑)

 

多少、がっくり感はくると思いますが、不思議とそういうオチでもいいかもしれないなと個人的には思いました。

 

本当に最終回がどうなるか、ラスト結末が楽しみですね。

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.