令和の意味と由来と考案者は?新元号の選定理由を考察

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sponsored Link
 

新元号が決まりましたね。『令和』というなかなかいい響きです。

大正、昭和、平成、令和、というなかなかいい感じではないでしょうか。

そこで、今回は令和の意味と由来、考案者は誰なのか、新元号の選定理由を考察してみたいと思います。





 



 

令話の考案者は誰?

 

(五十音順、敬称略)

上田良一(NHK会長)▽大久保好男(民放連会長)▽鎌田薫(日本私立大学団体連合会会長)▽榊原定征(前経団連会長)▽白石興二郎(日本新聞協会会長)▽寺田逸郎(前最高裁長官)▽林真理子(作家)▽宮崎緑(千葉商科大教授)▽山中伸弥(京都大教授)

引用元:産経新聞

この中で令和という言葉を思いつきそうなのは誰なんでしょうね。

 

菅さんからは『誰が考えたかは、個人と結びつくので差し控える』とのことで誰が考えたかは教えてくれませんでした。このことから全員で考えたというよりは、誰かが考えた言葉を選定していったということだと思います。

 

令話の意味と由来



 

万葉集の梅の花の歌から取ったものである。中国の文書ではなく、日本の文書から選ばれた。

西暦2019年(本年)は、4月30日までが平成31年で5月1日から令和元年になる予定で、2つの元号に跨る年となる。本項で公的に日本国内で平成が使用されていた時代(令和時代)についても記述する。 万葉集に典拠があるとされている。

引用元:ウィキペディア

 

はじめて日本の古典から選ばれた元号です。桜を連想しがちな日本ですが梅から選ばれたんですね。

 

 

 

このように、『想像できなかった』『平和を心から願うものなんだろうな』などツイッターでも話題になっています。万葉集から選ばれるんじゃないかということは予想している人もたくさんいたみたですが、まさか令和とは。

 

まとめ

 

ここまで注目され、日本中で予想されながら令和を予想した人はすくなかったんじゃないかなと思います。というのも、テレビのコメンテーターも『予想できなかった』『良いですね』とう意見が多いからです。

 

もちろん、新元号なのであまり悪くは言わないでしょうが、さすが有識者たちが一生懸命会議して決めただけあって文句のつけようがない元号になりましたね。

 

『令和』いいじゃないですか。これからは新時代は梅の花もっともっとフィーチャーされると思います。

 

そして、『令』『れい』を使った名前が増えるきもしますね。

 

今後どんな時代になるのか非常に楽しみです。

 

取り急ぎ書いたので、長文乱文失礼しました。お読みいただきありがとうございました。

 

 





 




 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューワールドほんのり , 2019 All Rights Reserved.