阪神鳥谷の連続試合出場が止まった理由は?打撃不振やケガが原因?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になった世界についてご案内していきます。

 

今回ご案内するのは『阪神タイガースの鳥谷選手の連続試合出場が止まった』ことについてです。

 

鳥谷選手は1939試合連続試合出場の記録をもっており、日本プロ野球界でも歴代2の記録をもっていました。

 

しかし、2018年5月29日、プロ入り1年目の6月9日から続いていた連続試合出場がついに途切れてしまったのです。

 

今回は、なぜ阪神タイガースの鳥谷選手の連続試合出場が止まってしまったのか、理由や原因について考察してみたいと思います。

鳥谷敬選手

スポンサーリンク

 

鳥谷 敬(とりたに たかし、1981年6月26日 – )は、阪神タイガースに所属する東京都東村山市出身のプロ野球選手(内野手)。

NPB史上50人目の一軍公式戦2000本安打達成者で、NPB史上15人目の1000四球達成者。また、遊撃手としてはNPB一軍公式戦シーズン最多打点記録(104打点)並びにNPB史上最長667試合連続フルイニング出場記録の保持者である。1939試合連続出場は歴代2位の記録である。

阪神への入団後には、2010年と2011年に選手会長、2012年から2016年まで主将を務めた(2012年、2016年は野手キャプテン)

引用元:ウィキペディアより

ショートという難しいポジションでありながら、すごい記録をもった選手です。

 

ヒットをたくさん打って、たくさん四球も選んで、ゴールデングラブも何回も取って、今後の日本プロ野球の歴史でも語り継がれていく選手のひとり。

 

そんな鳥谷選手の1つの歴史的な瞬間が今日の5月29日の試合でした。

 

鳥谷選手は自身の著書でこの連続試合出場に関して触れていました。

連続試合出場は続けたい』『記録にこだわりはない』でも『途切れた時の怖さは正直、ある』

 

今日この言葉を見返すと、阪神タイガースでずっと連続試合出場をしていた鳥谷選手はどんな気持ちなんでしょうね。

 

今後、インタビューなどで語られると思います。

鳥谷選手の連続試合が止まったのは打撃不振やケガが原因?

スポンサーリンク

鳥谷選手の連続試合出場が止まったのは打撃不振やケガが原因なのでしょうか?

 

ネットでの反応を見てみました。

今回鳥谷選手の連続試合出場が途切れたのは、ケガが原因ではなさそうですね。

 

もうベテラン選手なので、ケガもしやすくなっているとは思います。

 

今までもケガをしても鳥谷選手は出続けていたので、今回ついにケガが原因かと思われてのですがちがったみたいですね。

 

ただ、打撃に関しては最近ではあまり調子がよくなかったみたいですね。

 

打撃不振は少し、鳥谷選手の連続試合出場が途切れた原因なのかもしれません。

 

ただ、今回の試合なぜ鳥谷選手が出場できなかったのか、金本監督が試合後に語っていました。

阪神鳥谷の連続試合出場が止まった理由は?

今日鳥谷選手がの連続試合出場が止まった理由について考察してみましょう。

試合後の金本監督のインタビューでは、

 

『今日は鳥谷を出す機会がなかった
連続が途切れたからといって鳥谷の二軍落ちはない
フルイニングが途切れた時から本人と「試合展開にもよるからいつまでも続けるのは難しいよ」

 

ということのようです。

 

連続試合出場が止まった理由はケガとか1軍にいる力がないからとかではなく、試合の展開上なかったということですね。

 

連続試合出場が止まったから2軍というわけではないので、明日からの鳥谷選手の出場にも注目です。

 

それでもファンの人たちは『昨日あの場面で使ってくれればな~』と思ってしまうかもしれませんね。

 

鳥谷選手もと話していた「配慮していただいて感謝しています」という話もあったみたいです。

最後に

阪神タイガースの鳥谷選手の連続試合出場は途切れてしまいあました。

 

阪神ファンの人たちはもちろん、野球ファンからも愛された選手。

 

明日から心機一転がんばってほしいですね。

 

連続試合出場の記録は止まっても、ファンの人たちは大きな声援を続けるんだと思います。

ほんとにすごい選手だなって思います。

 

日本野球界の歴史に名を刻んだ鳥谷選手は今後、どんなプレーで野球ファンを盛り上げてくれるのか楽しみですね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.