2018/06/06

浅野川灯篭流しの火事の原因や理由はなに?金沢百万石まつりや過去の炎上騒ぎを調査

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になった世界についてご案内していきたいと思います。

 

今回ご案内するのは『浅野川灯篭流しの家事の原因はなに?』ということです。

 

金沢百万石まつりで灯ろうが炎上するとう騒ぎがおきました。

 

火事だ!と思えるほどすごく炎が上がっていたみたいです。

 

このニュースは私もネットで知ったのですが、『火事になった理由』が書かれていませんでした。

 

そこで、灯篭流しで火事になる原因について調べてみたいと思います。

 

また、金沢百万石まつりをはじめ、日本での灯篭流しで過去に火事になったものはないのかも調べてみたいと思います。

 

それでは、まいりましょう。

金沢百万石まつり

スポンサーリンク



金沢百万石まつりとは、今年で第67回をむかえる伝統劇なお祭りです。

加賀藩の祖、前田利家が、1583年6月14日、金沢城に入城したことにちなんだもので、入城の行列を再現した百万石行列をはじめ、薪能、茶会等のイベントが、6月上旬の土曜日(2007年からは第1土曜日)を中心とした3日間に行われる。

現在の形式での祭りは、戦後になって1952年からはじまったもので当時は『商工まつり』と呼ばれていた。もともとは江戸時代に行われていた百日祭が起源とされている。百日祭では行列は3日間かけて行われた。

引用元:Wikipedia

伝統的なお祭り行事のなかで灯篭流しがあるのですが、その灯篭流しで火事がありました。

 

12000個の灯篭を流していたみたいですね。

浅野川灯篭流しの火事の原因や理由はなに?

スポンサーリンク

なぜ灯篭流しで火事になったのか原因や理由がきになりますよね。

このように、灯篭流しでい火事が起こった原因や理由が気になる人が多いみたいなので調べてみました。

 

一部報道では『ろうそくが倒れて火が燃え移った』

一番可能性が高いですね。

 

ろうそくの立て方が甘かったりすると、風や他の灯篭とぶつかった衝撃で倒れてしまうかもしれません。

 

灯篭流しで火事が起こった理由で一番考えられるのは、ろうそくが倒れたことだと推測できます。

 

今回はかわったデザインの灯篭も流されていたので、作り方によってはろうそくのバランスを崩した灯篭があってもおかしくはないですね。

 

今回の家事の原因や理由とは関係ないと考えられていますが、火事の前に注目されていたポプテピピックが疑われて可哀そうですね。

誰かが火を投げ入れたなどの事件性はなさそうです。

過去の炎上騒ぎを調査

過去に灯篭流しで火事になった事件はないか調べてみたところ、たまに灯篭が燃えることはあるみたいです。

 

火を扱うので、川に流すときは傾かないようにそっと置くといった細心の注意は必要です。

 

最新の注意を払っても、ありえないことではないようです。

このように、炎上するほどは珍しいのでニュースになってしまいましたが、来年は何事もないように灯篭流しが行われればいいですね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 



この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.