2018/05/25

米倉久邦日大会見司会者の過去の広報態度は?事件やニュースを調査

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

こんにちは。ガイドです。

 

今回も気になった世界についてご案内していきたいと思います。

 

今回ご案内するのは『米倉久邦日大会見司会者の過去の広報態度は?事件やニュースを調査』です。

 

日大の記者会見の司会をしていた米倉久邦さんが今注目を集めていますね。

 

あの態度・・・かなり気になった人がいるんじゃないでしょうか?

 

そこで、今回は米倉久邦氏が日大の広報部の人間で、会見の司会をするほどのポジションにある人なので、過去にもこういった態度をとっているんじゃないかということを調べてみたいと思います。

 

それでは、まいりましょう。

米倉久邦氏の態度

スポンサーリンク

まず、今回の日大悪質タックル事件で、日大アメフト部の宮川泰介選手が記者会見後に行った『日本大学』の記者会見での米倉久邦氏の態度が問題になっていたのでそちらをおさらいしましょう。

今回問題になっているの日大の広報担当で会見の司会をしていた米倉久邦氏。

 

注目された理由は会見での態度でした。

「やめてください、やめてください、一人で何個も聞かないでください。」といった発言や「やめてください、打ち切りますよ、会見!」上からものをいう態度

 

「これで会見を打ち切ります」といった発言を何度も繰り返していました。

 

 

この会見で私が耳を疑ったのは「十分に聞きました」「これだけ聞いたら十分です」という発言です。

 

なぜ米倉久邦氏に『十分』という判断をされなければいけなんでしょうか?

 

また粘っている記者たちが『違う質問にします』と言っても「違うのを言えばいいもんではありません」と発言。

 

そして、とどめは「(記者会見を視聴者が)見ていてもいなくてもいいんです」

という発言。

 

本当に何のための会見なのか、会見という意味をわかっているのか、会見を見ている人が見えていないんですね。

 

こういった態度は、見ている人たちがどのように感じるのか・・・ニュースを取り上げていた番組の出演者たちも唖然としていましたね。

日大の過去の広報態度は?事件やニュースを調査

スポンサーリンク

日大の記者会見の司会をしていた米倉久邦氏。

 

おそらくベテランなので、過去に日大が関係した事件やニュースの対応もしたでしょう。

 

そこで、日大の過去の事件やニュースの広報態度を調査してみました。

過去にも炎上させてたみたいですね。

 

「どんな活動をしているかの報告義務はないし大学として関知していない」という開きなおる文章を発表。

 

日大の広報は事件に関しては、『うちは関係ない』という態度を昔からとっているみたいですね。

 


最後に今回司会者である米倉久邦氏は記者からの『日大のブランドが落ちますよ!』という発言に「落ちません!」と答えていましたね。

 

米倉久邦氏は自分が日大ブランドを壊していること、自分の行動で日大というブランドがガラガラと崩れ落ちる音が聞こえないみたいですね。

 

今後、日大が会見をすることはあるのか、内田宣監督、井上コーチの発言、さらに会見の司会者の発言にも注目ですね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ニューワールドほんのり , 2018 All Rights Reserved.