Permission to Danceの感想まとめ!タイトルの読み方や手話の意味

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

今回も気になるニュースについて取り上げていきたいと思います。

今回取り上げるのは、BTSの新曲Permission to Danceについてです。

めちゃくちゃいい曲だなと個人的には思っていて、他のBTSファンの人の意見も気になりました。

MVを見てると手話が出て来て意味もしらべちゃいましたね。




Permission to Danceの読み方と手話の意味

読み方はパーミッショントゥダンスです。

今回このPermission to DanceはデジタルシングルButterとともに収録されています。

シングルCD「Butter」には、デジタルシングル「Butter」と新曲「Permission to Dance(パーミッション・トゥー・ダンス)」が収録。

「Permission to Dance」は、エド・シーランが、制作作業に参加しているので、今までのBTSと違った感じの曲に聴こえるファンもいるかもしれません。

新しいBTSを垣間見えるタイトルとなっているようです。

「ダンスは気が向くままに、許可なく思う存分踊ってもいい」という内容が歌われており、振付には実際に用いられる手話を取り入れているようです。

手話の意味としては、国際手話で「楽しい」「踊る」「平和」を意味しているようです。

Permission to Danceの感想まとめ!




 

やはりいい曲だという感想が多いですね。

エド・シーランが制作に関わっていることから、どこか今までのBTSっぽさとは違った感じに聴こえたという感想もありました。

新しいBTSを見せてくれたエド・シーランに感謝ですね。

&nbsp






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© イチオシ! , 2021 All Rights Reserved.