個人的に

ペンディングトレインは何年後が舞台?26年や30年から考察まとめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 このサイトでは、子どもにも伝えたいニュースや超個人的に気になったニュースについて独特な目線で(?)取り上げています。 また、子どもにどうやって伝えたらいいのか、そのニュースからなにか気づきを与えられないかなどの考えも紹介してます。 独特な目線もあるかもしれませんが、ごゆるりと楽しんでいただければ幸いです。

この記事ではドラマ『ペンディングトレイン』は何年後が舞台なのかについて書いています。

話題のドラマの『ペンディングトレイン』も1話が放送され早くも考察合戦が繰り広げられています。

ストーリーがどのようにすすのかワクワクしますね。

このドラマの設定から日本でもブームを起こした『LOST』や『漂流教室』を思い浮かべたという人も多いのではないでしょうか。

いろいろ細かいところは違えど、わくわくする展開が待っていそうですね。

そこで、初回で多くの人がきになったのが『これは何年後なのか』ということ。

ペンディングトレインではいったい何年後に言っていしまったのか、ドラマに出てきたキーワードから考察してみたいと思います。

それではまいりましょう。

 




 

ペンディングトレインは何年後が舞台?

 

 


おそらくこの何年後ということはかなり大事になってくると思われます。

 

26年や30年というキーワードから考察まとめ




いろいろ数字が出てきたので混乱してしまう人もいると思いますので整理してみたいと思います。

有志の方がドラマに出てきた数字についてわかりやすく回答してくださっていたので紹介させていただきます。

 質問:
昨日放送されたペンディングトレインの意味が分かりません。なぜ30年後が2026年なのですか?2023年の30年後は2055年なのでは?

回答1:

30年後が2026年と言う事ではありません。
2023年の現代(乗客の意識上は当然ですが2023年)にはあるはずのない
製造年月日2026年4月のビールの空き缶が落ちていたこと。
2023年の現代の新聞記事で2026年完成予定のタワーがすでに建っており、
タワーや周辺一帯が荒廃している風景を目にしたこと。
(おそらく、30年間のどこかの年に天変地異等で荒廃したのでしょう)
論文で見た形質転換植物の研究や需要、一般実用諸々と法整備に
30年必要なのだが、すでに自生していたこと。

つまり、2023年にあるはずのない2026年のモノがすでにあり、
実用法整備等に30年掛かるはずの植物がすでに自生していたので、
最低でも30年後の未来に飛ばされた事を乗客らが理解できたという事です。
なので、2053年くらいの未来設定だと思います。

回答2:

なんで「2026年」が沢山出てきているのかは分かりませんが、2026年に完成のビルや賞味期限のビール缶がオンボロになっていたので最低でも2026年より未来にタイムリープしたということではないですか?(また、2026年までは日本が健在?していたという証でもあると思います。) また、栽培等の承認うんぬんに30年はかかると言われていた植物が生えてたので、最低でも30年後ということだと思います。 したがって2053年以降、もしくはそれよりずっと後の未来にタイムリープしてるのだと思います。

引用元:YAHOO!知恵袋

 

まとめると

  • 26年の製造のもがたくさん出てきたので26年もキーワード?
  • 30年かかるはずの建物が完成していたことから23年から30年後の53年以降の可能性も?

という状態です。

いろいろな考察がされていましたのでそちらも紹介します。

 

 

また面白い考察などあれば取り上げて紹介していきたいと思います。

これから楽しみですね。

それでは。






この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 このサイトでは、子どもにも伝えたいニュースや超個人的に気になったニュースについて独特な目線で(?)取り上げています。 また、子どもにどうやって伝えたらいいのか、そのニュースからなにか気づきを与えられないかなどの考えも紹介してます。 独特な目線もあるかもしれませんが、ごゆるりと楽しんでいただければ幸いです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© 世の中ニュース速報 , 2023 All Rights Reserved.