Twitter公式マークが消える理由と原因を調査!バッジが外れるのは今後の展開が影響?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。

2021年1月23日ごろからTwitterの公式マークが消えるという声がたくさんあがるようになったみたいですね。

認証済みアカウントの認証済みバッジとして知られる公式マークが消えてしまうとめちゃくちゃ焦ると思います。

とくに芸能人の人とかは、ニセアカと判別するために使っていたという人も多いはず。

こういった公式マークがが消えたり外れたりする現象がTwitterユーザーが増加している模様です。

今回はその原因や理由について調査してみました。

それでは、やってみいきましょう。



 

Twitterの公式マークが外れるユーザーが多発

 

全ての認証済みアカウントで公式マークが外れている訳ではないようでです。

原因を調査してみた

公式マークが外れる原因をヘルプセンターで確認してみたところ以下のような場合が外れるようです。

Twitterの利用規約に基づき、アカウントが認証済みであることを示すブルーバッジの表示や認証自体を、Twitterはいつでも予告なく解除する場合があります。



違反行為を繰り返したことによるバッジの剥奪は、事案ごとに審査されます。この措置が自動的に取られることはありません。

引用元:ヘルプセンター

しかし、今回Twitter公式マークが外れたユーザーが全員外れてるということではないので、明らかにランダム性が高いのかなと思います。

一応、違反の疑いがあるユーザーは事案ごとに審査があるという記載があるんですが、自動的に取られることがないということもあります。

つまり、今回のTwitter公式アカウントが外れる原因はTwitterのシステム上の問題なのではないかと思われます。

では、なぜこのようなことがおきるのでしょうか?

すると以下のようなことがあります。

Twitterではこの認証ポリシーの施行を2021年1月20日より開始し、同時に運用の痕跡がないアカウントやプロフィールが不完全なアカウントについて、認証の自動削除も開始します。

新しい認証ポリシーでは、アカウントの完全性を以下のように定義しています:

・確認済みの電子メールアドレスもしくは電話番号が入力されていること
・プロフィール画像が表示されていること
・プロフィール名が表示されていること

認証済みバッジが削除される可能性のあるアカウントについては、自動メールおよびアプリ内通知で、認証の自動削除を避けるために、どのような変更が必要かをお知らせします。2021年1月20日までに指示された変更を行えば、自動的に認証バッジが削除されることはありません。

 

引用元:TwitterJapan

なんかこれっぽいなと思ったんですが、ちゃんと変更点を連絡しますよと言ってますね。

もしかしたら本当に連絡があって見逃している人もいるかもしれまえんが、それだったら疑問の声がこんなに多くないはずですよね。

ここで、一つの仮説が思い浮かびました。

これは、Twitter側の新システムの不具合ではないか・・・と。

確かなことは言えませんが、日にち的にも新システムが影響しているのではないか、承認ポリシーで自動的に公式マークが消されてしまったのではないか・・・と。

ということで

おそらくですが今後も変わらずポリシー違反のないアカウント運営をしていたら公式マークが自動的に復活するのではないかと思いました。

なので、変に慌てて設定をいじったりしないほうがいいかもしれませんね。

それでは、今回は以上です。

最後までお読みくださりありがとうございました。






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© イチオシ! , 2021 All Rights Reserved.