良いお年をの丁寧な言い方は?上司や目上の人へのあいさつ例文

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。ガイドです。

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

年末のあいさつで困ってしまうのが『よいお年を』という言葉です。

『良いお年を』というのを上司や目上の人につかっていいのだろうか?

とふと思ったことはありませんか?

今回は、「良いお年を」を目上の人や上司に使うときの例文などを紹介したいと思います。



良いお年をの丁寧な言い方は?

こういった人が増えています。

それでは、目上や上司の人にはどのように言えばいいのでしょうか?


上司や目上の人へのあいさつ例文

諸説ありますが、「良いお年を」だけでも失礼ではないという意見もありました。

しかし、中には失礼だと思う人もいるかもしれないので、以下のように言えばいいと思います。

『どうぞ、よいお年を』
『どうぞ、よいお年をお迎え下さい』

目上のお方に年の瀬の挨拶を交わす場合には、正しい日本語で
返されれば宜しいかと思います。
「○○(さん・様・先輩・先生・部長等)も良いお年をお迎え下さい(ませ)」
または、もう少し会話が出来る状況ならば・・・
『ありがとうございます。来年もどうぞ宜しくお願い致します!○○さん
も、良いお年をお迎え下さい。』

というのがいいかもしれませんね。

 

まとめ

「どうぞ」を付ける

「良いお年をお迎え下さい」

名前を付けて、「○○さんもよいお年をお迎えください」

それでは、みなさんもよいお年をお迎えください。






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© マンガ探偵 , 2019 All Rights Reserved.