ポケモンGO日本の配信日と歩きスマホや不法侵入の危険性は?

この記事は4分で読めます

ポケモンGOというアプリが話題になっています。

ポケットモンスターの世界が現実とリンクすると話題のアプリなのですが、このポケモンGOが海外で配信されました。

オーストラリアとニュージーランドで配信されて話題になっているようですが、どうやら一部で問題も出てきてしまったようです。

どうやら海外では警察が注意喚起をする事態になってしまったようですね。

配信日も気になりますし、予定していた配信日がさらに伸びてしまうこともあります。

また、ポケモンという大人気ゲームのスマホアプリですので、歩きスマホや不法侵入の危険性もあると懸念もされています。

今回は話題のスマホアプリ、ポケモンGOの配信日や、問題のあったというニュースを受けての危険性なども紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

海外のポケモンGOで何があった?

 

ポケモンGOというアプリはどういうものなおかというと、現実の位置情報から、マップに現れたポケモンを捕まえるスマートフォンゲームです。

 

いよいよ、ゲームが現実とリンクするアプリが表れてきましたね。

 

現実とゲームの世界が混ざるということで、実は今回の海外配信にて少しトラブルが発生したようです。

 

それは、警察署内にモンスターボールをゲットするために入ってくるかもしれないということです。

 

どいういうことかというと、今回のポケモンGOというアプリには、プレイヤーの現実での位置情報を基にポケモンをゲットしたり、バトルしたりできるのですが、ポケモンをゲットするためには、ポケストップと呼ばれるゾーンに行く必要があるようです。

 

ポケストップではアイテムをゲットできるゾーンなのですが、それが、ポケットモンスターを捕まえるアイテム『モンスターボール』をゲットできる場所が現実世界の『警察署』になってしまっていることがわかったのです。

 

これは、オーストラリアで起こった珍事件としてネットでも話題になってきていますね!

 

オーストラリアの警察関係者は、『警察署に入らなくてもポケモンはゲットできるよ』と注意喚起しているようです。

 

熱心なゲームユーザーが警察署に来ることも考えられますし、進入禁止の場所にポケモンがいたら、必ずゲットしにかかる人が出てきますよね。

 

なぜ、ぞう言い切れるかというと、インスタグラムで話題のスポットが進入禁止の場所になっていることが話題になったことがありました。

 

テレビでも取り上げられていたのですが、本当にケガしたり、落ちたりする場所で写真を撮ろうとする人がいるのです。

 

『そんな人たちはモザイクとって顔を映してやればいいのに!』と内心怒りを感じながら見ていた記憶があります。

 

インスタグラムの写真やネットにアップするための写真のために、立ち入り禁止や危険区域に進入する人が続々と出ているので、大人気ゲームのポケモンが立ち入り禁止区域や危ない場所にいるならば、ゲットしにくる人は間違いなくいるはずですよね。

 

今回のオーストラリアの警察の件で、警察が目を光らせるのは言うまでもありません。

 

不法侵入や歩きスマホの増加も懸念されそうですね。

Sponsored Link


 

日本でも配信日はいつ?

 

日本での配信日はいつなのでしょうか?

正式に発表されていないので、特定の日数はまだわかりませんが、海外で配信されたことから配信日はかなり近いと思われていました。


『もうちょっと先』とのことなのですが、その『もうちょっと』がかなり気になりますよね。

海外で配信したものを日本でもできるようにする手続きが必要なのかもしれません。

そして、日本はそのチェックがとても厳しいイメージがあります。

海外のアプリゲームと日本のアプリゲームの違いは、表現の規制ですね。

血が出すぎていたり、残虐な映像があると配信ができないのです。

そして、日本版のアプリだったら、チュートリアルが丁寧に作りこまれているなど、一部変更しているところもあるので、手間がかかってしまうのです。

今回のオーストラリアの警察署問題が起こったこともあって、もしかしたら、配信予定だった日程から遠ざかるとも予想できます。

なぜなら、立ち入り禁止区域にアイテムやモンスターを出現させてしまわないかというチェックが厳しく行わるかもしれないからですね。

また、歩きスマホの助長になるなど、一部の揚げ足をとりにくる声も聞こえてきそうですね。

ということで、下手をすればちょっとどころではないかもしれません。

できるだけ早く出してほしいなと思います。

1か月か、2か月先までには出してほしいかなと願望です。

ポケットモンスターサンムーンが11月18日に発売になるので、そことかぶらないようにすると予想されます。

なので、3か月以内にはリリースして配信するのではないかと思います。

追記

ポケモンGOの日本配信ですが、7月中に配信されると日本テレビ『スッキリ』で紹介していましたね。

配信された直後、歩きスマホや不法侵入が増えてしまうのではないかと心配の声もあります。

とくに日本は歩きスマホがひどいので、事故、事件が起きてしまわないか心配ですよね。

おそらく、ポケモンGOの歩きスマホでの事件、事故はメディアも狙っているので、事故が発生したらすぐにニュースで取り上げると思います。

ゲーム=社会に良くない というふうにに報じないことを祈ります。

ポケモンGOは周りを確認して、安全に遊びましょう!

 

まとめ

 

現実にポケモンが現れると話題のポケモンGO。

ポケットモンスター赤緑世代の人にとっても、金銀世代の人にとっても、ルビーサファイヤ世代をこどものころにプレイしている人は興奮してしまいますよね。

どの世代からも愛されるポケモン。

2016年11月18日にポケットモンスターサンムーンが発売になり、ますます深化していくポケモンが楽しみですね。

歩きスマホをすると危ないですいし、不法侵入をしては警察に捕まりますよね。

ポケモンGOが現実とリンクすることもあって、スマホをもって歩く、歩きスマホが多くなるという危険性もありますので、小さいこどもがいる人は注意が必要ですね。

また、何等かのバグで道がないところにアイテムやポケモンが出現したりすると、もあります。

なので、しっかりとテストをして、配信してほしいなと思います。

海外のポケモンGOで、ネットで話題になるくらいので、日本で配信されれば、かなり人話題になりますね。

販売戦略的には、ポケモンGOで、もう一度ポケモンを身近に感じてもらい、サンムーンを買ってくれるようにするというのも、アリかもしれませんね。

 

Sponsored Link
         
おすすめイチオシ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

案内人の
ニュースキッドです。

このサイトは、
世の中で起こっているニュースから
これからどうなるのか検証し考えて
いくサイトです。

ゆっくりテキーラでも飲みながら
読んで下さい。

欅って、書けない?動画まとめ

tree_keyaki