第三次世界大戦がトレンド入りした理由は?言葉の意味とニュースを調査

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

おはようございます。ガイドです。

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

今回とりあげるのは「第三次世界大戦」についてです・・・こわ!!

おもわず声が出てしまいましたが、なぜ今回これを取り上げるのかというと

世界各国のツイッターでトレンド入りしたという噂をキャッチしたからです。

第三次世界大戦を指すキーワードが世界中でツイートされ、トレンドのトップを占めたことがさらに話題になりました。

新年早々、なんという言葉がトレンド入りしたことか・・・と少し怖い気持ちになるとどうじになぜこのようなことことが起こっているのかが気になりました。

なぜ第三次世界大戦がTwitterでトレンド入りしたのか、その言葉の意味とは?

理由をニュースなどから調査してみようと思います。

それでは、まいりましょう!



第三次世界大戦がトレンド入りした理由は?

おそらくきっかけはこちらのニュースだと思われます。

イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官がバグダットにて空爆を受けたというニュースが日本でも取り上げられていました。

アメリカはこれをトランプ大統領の命令だと発表しました。

トランプ大統領もソレイマニ氏がアメリカに攻撃を計画していたとして「戦争を止めるため」という理由のもと攻撃したと述べています。

こうなってしまっては「報復」は避けられません。

イラン側も反発しており、最古指導者であるハメネイ氏が報復を宣言しました。


アメリカはイラクに滞在する国民に向けて「国外退避」を呼びかける事態に。

というのも、軍の派遣を増すこが決定されてしまったんですね。

なので、現状でもすごく緊張状態が続いているんです。

この状況が世界中に伝わり「第三次世界大戦」へつながってしまうのではないかという不安をもった人が増えているということのようですね。

このニュースが世界中に広がり、Twitterで第三次世界大戦やWWIIIといった言葉がトレンド入りしたと思われます。

第三次世界大戦が起こる起こらない論争

こういった世界情勢の中、「第三次世界大戦は起こるかも」「いや、絶対起こらない」という論争が繰り広げられています。

「起きる起こらない」というより、本当に起こってほしくない状態ですよね。

世界でWWIIIがトレンド入りしたことも危機感を持った人が多くいるということには変わりないですね。

でもそれは、起きてほしくない!って願う人が多い考えればいいことなのかもしれません。

日本にいるとまだまだ遠い国のニュースですが、原油価格が高騰するなど少なからず影響は出てきています。

世界中で何が起きているのか、日本にはどのように影響してくるのか考えて行かなければならないのかなと思わされます。

ちょっと正月ムードから日常へ急に引き戻されるようなニュースでしたね。

今後の世界のニュースにも注目して行かなければいけないなと改めて思いました。

それでは。

<script src=’//fam-8.net/ad/js/fam8-tagify.min.js’></script>
<div id=”div_fam8_async_15698_3″><script language=’javascript’><!– fam8_js_async(‘//fam-8.net/ad’, ‘_site=4136&_loc=15698&_mstype=3’); //–></script></div>
<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<ins class=”adsbygoogle” style=”display: block;” data-ad-format=”autorelaxed” data-ad-client=”ca-pub-1127797098796805″ data-ad-slot=”9945703205″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© マンガ探偵 , 2020 All Rights Reserved.