映画犬鳴村は観るべき?CM怖すぎで実在する場所の噂が気になる【恐怖回避】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
Sponsored Link
 

こんにちは、ガイドです。

今回も気になる世界についてご案内していきたいと思います。

今回は『ホラーツアー』になりそうですねw

というのも、ホラー映画『犬鳴村』のCMがめちゃくちゃ話題になっているので、今回は犬鳴村について紹介していこうと思うからです。

ホラーが苦手な人は閉じた方がいいかもしれない・・・なんてことはありませんw

映画『犬鳴村』のCMが怖いと話題なっているので、実在する犬鳴村についての噂を紹介していこうと思います。

また、CMの感想なども紹介しますね。



映画犬鳴村のCMが怖すぎる!

まずはこのCM・・・怖いのが苦手な人は観ない方がいいかもしれません。

確かに話題になるなと思いました。煽り方がめちゃくちゃ上手いです。

犬鳴村のCMの感想

CMがめちゃくちゃバズってますね。

これは怖がる人もいると思いますし、子どもが泣くかもしれません。

CMのたびにチャンネルを変えたくなる気持ちもわかります。

映画犬鳴村は観るべき?

CMで気になってる人が多いので『これは観に行くべきなのか?』と恐怖と戦っている人もいると思います。

そこで、Twitterで先行公開を観た人や観るか迷っている人の感想を紹介しますね。

それほど怖くはない・・・そうです。映画が東京弁というところも気になったみたいですね。

 

CMの効果もあってかなり期待値は高そうです。

本当に実在する場所の噂

この映画のCMでは実在する場所があると言っていますよね。

なので、なおさら本当にある場所が気になる人もいます。実在する場所がこんなホラー要素たっぷりで映画かされているのでいろいろ怖いことがあるのかなども気になりますよね。




そこで、映画犬鳴村の舞台となった実在する場所の噂について調査してみました。

映画犬鳴村を観覧する予定ですが福岡の犬鳴峠は滅茶苦茶怖い場所なんでしょうか?

回答1:昔心霊スポットで有名だった旧トンネルは暗くて雰囲気は怖い場所でした
現在は行けないようですが、色々事件もありました
殺してシンナーかけてもやした等
犬鳴村の場所の設定はどこになっているか知りませんが、旧トンネルに向かう途中に道があります
日本国憲法が通用しないとの看板は無いと言っている人がいますが、実際ありましたよ
何度も行ったので間違いないです
当時は色んな意味で怖い場所でしたよ

回答2:新道トンネルは昼夜問わず車通りが多いし別に全然怖くないですよ。旧道トンネルはフェンスゲートで厳重に封鎖されていて、今は許可なく入れませんから心配ありません。

犬鳴峠が怖いとすれば、深夜に通るときに大型トラックにめっちゃ煽られて怖い思いをする程度ですかね。ただしそれは、大型はスピードが落ちると登坂能力が著しく落ちるためにスピード落としたくても落とせないというだけの話なので、大型車に負けないくらいのスピードで走れば平気です。

まだ旧道トンネルを封鎖しているゲートが貧弱で通行することができた時代に旧道トンネルを通った事がありますが、心霊スポットなのは事実です。事件が起きたのも旧道なので、旧道には近寄らないに越したことはありません。ただし上記の通り、現在は頑丈なフェンスゲートが設置されていて許可なく入り込むことはできません。人も車もです。
映画『犬鳴村』で描かれる犬鳴村は架空の村であり存在しません。旧道には確かに脇道がたくさんありますが、それは山林管理のための作業道なので入り込んでも何もありません。犬鳴地区にかつて村があったのは事実ですが、それは谷川である犬鳴川沿いにあったもので、現在は犬鳴ダムの底に沈んでいます。決して尾根筋の旧道付近にあったわけではありません。

引用元;Yahoo!知恵袋

様々な噂がされているようですね。

場所はかなり怖いようですので、興味本位で近づくのはやめた方がいいと注意をする人もいます。

噂が本当かどうかはわかりませんが、実際に行くよりも映画を楽しんだ方がよさそうですよ。

恐怖回避モードがおもしろい

映画が怖すぎるということでなにやら【恐怖回避モード】なるものがあるそうです。

また特設サイトでは、怖いシーンを回避する機能が付いた冒頭映像も観ることができるようですよ。

画面左下のスイッチを押すと「恐怖回避」モードに切り替わり、恐怖演出までのカウントダウン表示や登場人物の顔の加工などで怖さを半減させるそうです。


スイッチを押している時間の長さによって怖がり度を鑑定してくれる機能もあるのでぜひやってみてください。

映画犬鳴村特設サイトはこちら

かなりおもしろいようです。

まとめ

今回は映画犬鳴村について紹介してきました。

こういった実在する場所については話題になると、もともとのお話だけでなく間違った噂なども流れる可能性があるので要注意ですね。

映画が話題になったら、実際に行く人も多くなるかもしれません。

ロケ地などに迷惑がかからなければいいなと思います。実在する場所やロケ地に迷惑がかかることが一番怖いですからね。

迷惑回避でお願いしたいと思いました。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ニューワールドほんのり , 2020 All Rights Reserved.