Instagramのやり取りが少ない表示の意味は?機能の使い方はアカウント整理?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。ガイドです。

今回も気になるせかいについてご案内していきたいと思います。

Instagramに新機能が追加されていましたね。

それが『やりとりが少ない』と『投稿表示回数が多い』という項目です。

いったいこれはどういった意図で実装された機能なのか、使い方や意味が気になったので調査してみました。




やり取りが少ないの機能の意味

この「やり取りが少ない」という言葉からは、Instagramでフォローしているけれど「やりとりが少ない」「連絡などをとっていない」と想像します。

本質的には合ってるんですが、この機能の本当の意味は

『自分がいいねを付けていない』ということなんです。

フォローしているけれど、インスタの投稿は見ているけれど・・・いいねをあまりしていないということですね。

見てるだけだと『やりとり』にはならないんですね。

この『やりとり』とは

 

・いいねをしている

・ストーリーズへのリアクションをしている

 

ということなんです。

過去90日間に、投稿へのいいね、もしくはストーリーズへのリアクションが少ないと表示されるようなんですね。

つまり、あまりリアクションを取っていない=やりとりが少ない

ということになります。

そこで、Instagram運営側は考えたわけです。

「90日間もなんもリアクションがないけれど・・・もしかしてこのフォロワー興味ないんじゃない?」と。

「だったらもうフォロー外して整理したほうがいいよ」という感じでしょうか。(あくまでも想像ですが)

「やりとりが少ない」の使い方は?

Instagramはあまりにも流行ってますから、情報過多の状態なんですね。

人が一人終える情報を超えてきているのかもしれません。

だったら、運営側としては整理して見やすくしてくれたほうが、プロモーションもしやすくなりますし、いろんな情報に目が行く可能性を上げることができるわけです。

もちろん、ユーザー自身の整理整頓に便利ということもあるので、Win-Winの機能なんじゃないかとも思います。

逆にリアクションを取るきっかにもなる

逆に、近すぎてあえて「いいね」しないという存在もいたかもしれませんね。

友人だからわざわざ「いいね」しなくても大丈夫という感じです。



でも、あまりにも「いいね」をしないと、「いいね」しなくていいいやと思っちゃうんですよね。

でも今回の機能が実装されて、仲のいい友人のアカウントが「やりとりが少ない」と表示されていたらどうでしょうか?

「あ、そろそろいいねしてあげよう」って気になるかもしれません。

なので、今回の「やり取りが少ない」機能は「いいね」を復活させるいい機会になるかもしれません。

まとめ

今回紹介した「やりとりが少ない」機能は、おそらくアカウントの整理のためです。

しかし、考え方によってはコミュニケーション再開のいいきっかけになるかもしれないなと思いました。

逆にこれで「いいね」が増えるかもしれないなと思います。

この機能がユーザーにどのような影響を与えるのか、今後楽しみですね。

 



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© マンガ探偵 , 2020 All Rights Reserved.