ハコヅメのどうせ来るならクソ野郎のセリフの意味は?藤聖子の気持ちを考察

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

今回も気になったニュースについて紹介していきたいと思います。

取り上げるのは、ドラマ『ハコヅメ』で戸田恵梨香さんが演じる藤聖子のセリフ「どうせ来るならクソ野郎」についてです。

ハコヅメは警察のドラマなんですが、このセリフはかなりインパクトがありなぜ藤聖子はこのようなことを言ったのか気になったので取り上げました。

どうやらそこには、警察ならではの気持ちがあったようです。

 

どうせ来るならクソ野郎とは




この『どうせ来るならクソ野郎』というセリフは、ドラマ『ハコヅメ』の第1話で出てきたセリフです。

刑事課の元エースである藤聖子はいったいなぜこのようなことを言ったのでしょうか。

ちなみに調べてみると、原作では「チ、次こそクソ野郎来い」というセリフのようです。

どうせ来るならクソ野郎のセリフの意味は?

実はこのセリフには、警察官ならではの気持ちあるようです。

原作のセリフの続きには

「警察官だって人なんだから、気持ちよく切符を切りたい」

というようなことを言っているようです。

藤聖子の気持ちがセリフにまとめられている

つまり、真面目な人で違反したことを申し訳なさそうと思って反省したりする人に切符を切るよりも、反省してないようなクソ野郎の方が気持ちよく切符が切れるということのようです。

やはり、取り締まる側も心が痛くなってキツイんでしょうね。

まとめ

このドラマを観ると、道路に立って取り締まっている警察の方々の気持ちがわかる気がしました。

今後、街中で見かけたら心の中でご苦労様ですと言おうと思いました。

最後までお読みくださりありがとうございました。






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© イチオシ! , 2021 All Rights Reserved.