個人的に

小学生の勉強のBGMは何がいい?音楽を聴くと学習効果が上がるか調査

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 このサイトでは、子どもにも伝えたいニュースや超個人的に気になったニュースについて独特な目線で(?)取り上げています。 また、子どもにどうやって伝えたらいいのか、そのニュースからなにか気づきを与えられないかなどの考えも紹介してます。 独特な目線もあるかもしれませんが、ごゆるりと楽しんでいただければ幸いです。

今回この記事で取り上げるのは『小学生の勉強と音楽』についてです。

よく学習するさいにBGMを流す人がいます。

彼らは『集中できる』ということで、音楽を流しているようなのですが、はたしてそれは小学生にも言えることなのでしょうか?

あなたの小学生のときはどうだったでしょうか?

宿題をやるときには音楽を流していましたか?

無音のほうが集中できましたか?

思い出してみてください。

今回の記事では以下のことを紹介していきます。

 

小学生の勉強ではBGM(音楽)がある方がいい?

学習効果について

それでは、まいりましょう。

 




 

音楽(BGM)による学習効果はある?

実はこの問題については様々な論文が発表されているのです。

なので一概に『あったほうがいい』や『ないほうがいい』とも言えないという結果でした。

しかし、多くの人の考察によると『音楽を聞きながら作業する習慣があるかどうか』が影響しているとのこと。

なので普段の生活での音が影響しているように思われます。

推測ですが、大人になってカフェの『雑音』がちょうど集中できるという人が多いのは、こういった習慣に影響しているのかもしれませんね。

私達が一番耳にしているのは、知らない人々の何気ない会話だったりするので。

学習効果を高めるにはどうする?




無音のほうが集中できるのならば、そういった環境づくりをしたり、静かな場所で作業するほうがよさそうです。

また、音がある方がやりやすい人にとっては『歌詞がない音楽』が好まれる傾向にあるようです。

歌詞があるとどうしても、意味が頭に入ってきて集中しづらいのかもしれません

※これも習慣によりますが

まとめ

音楽をかける、かけないは気分や環境によって変化させてあげるのもいいですね。

小学生の勉強の場合、リビング学習も効果があると言われる理由一つとしては『生活音』が関係している可能性は十分にあります。

無音、生活音、BGM様々な環境で気分を変えたり、集中できる環境を見つけることも学習効果を高める方法の一つかもしれないですね。

それでは。






この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 このサイトでは、子どもにも伝えたいニュースや超個人的に気になったニュースについて独特な目線で(?)取り上げています。 また、子どもにどうやって伝えたらいいのか、そのニュースからなにか気づきを与えられないかなどの考えも紹介してます。 独特な目線もあるかもしれませんが、ごゆるりと楽しんでいただければ幸いです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 世の中ニュース速報 , 2022 All Rights Reserved.