個人的に

子どもの冬休みの勉強のやり方!やる気の出る環境や生活リズムの大切さ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 このサイトでは、子どもにも伝えたいニュースや超個人的に気になったニュースについて独特な目線で(?)取り上げています。 また、子どもにどうやって伝えたらいいのか、そのニュースからなにか気づきを与えられないかなどの考えも紹介してます。 独特な目線もあるかもしれませんが、ごゆるりと楽しんでいただければ幸いです。

この記事では、子どもの冬休みの勉強について書いていきます。

冬休みとなると、勉強がはかどらなかったり、年齢によっては受験などを控えている人もいるでしょう。

しかし、例年冬休みの時期となると、気温が下がって体調面を心配するだけでなくクリスマス、年末年始まど楽しいイベントがたくさんあって勉強していたリズムも崩れてしまいがち。

そこで、子どもが冬休みのときにの勉強について、みなさんはどうしているのか調査してみました。

それでは、まいりましょう。

 




 

子どもの冬休みの勉強のやり方!

この記事では以下のような『子どもの冬休みの勉強のやり方』について紹介していきます。

 

  • 体調面の管理
  • 誰かと一緒に勉強する(目標など)
  • 課題やスケジュールを決める
  • 冬休みは休養期間にする

それぞれ参考にしてみて、環境にあったやり方をさぐってみてください。

それでは、まいりましょう。

体調面の管理

第一に体調面です。

やはり、風邪を引かないような環境を整えてあげることが第一ですね。

こたつを出して勉強していたはいいけれど、お腹を出してそのまま寝ているなんてこともあるので。(可愛らしい一方で心配になる)

 

子どもだけでなく、冬休みは大人も体調を崩しやすいので、お気をつけください。

誰かと一緒に勉強する(目標)

 


これは子どもの性格や住んでいる環境によっても違うかもしれませんが、やはり誰かと一緒に同じ目標を持ってやることはやる気が出ますね。

羨ましい環境です。

自分もいっしょに勉強する

 

自分の興味のある分野を子どもといっしょに勉強するのもいいかもしれません。

『じゃあ、自分もちょっとだけやろうかな』と思ってくれると非常に嬉しいですよね。

課題やスケジュールを決める




 

科目は個人的な目標として設定したほうがいいかもしれません。

苦手分野など集中してやるのもいいですし、範囲が広いものを選んで『ここまでやっておく』とスケジュール管理するのも一つですね。

追い込み時期でなければ休養も必要

 

とくに小学生(受験生以外) は、思い切ってゴロゴロさせておくのもいいかもしれませんね。

『休むときは休む、やるときはやる』というスタイルをとる人もいいと思います。

やる気の出る環境や生活リズムの大切さ

休みになるとどうしても生活リズムが変わってしまいます。

その影響で体調を崩す可能性や、勉強の習慣などに変化もあるかもしれません。

なので、できるだけやる気の出る環境を整えたり、生活リズムを意識して過ごすだけでもリスクは減るのかなと思いました。

今回紹介させてもらった方々の意見を参考に、勉強環境を整えてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

それでは。






この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 このサイトでは、子どもにも伝えたいニュースや超個人的に気になったニュースについて独特な目線で(?)取り上げています。 また、子どもにどうやって伝えたらいいのか、そのニュースからなにか気づきを与えられないかなどの考えも紹介してます。 独特な目線もあるかもしれませんが、ごゆるりと楽しんでいただければ幸いです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 世の中ニュース速報 , 2022 All Rights Reserved.