ショパンコンクール3次の反田恭平さんへの感想や応援!ミスタッチの影響も調査

WRITER
 
ショパンコンクール3次 反田恭平 ミスタッチ 影響 感想 応援
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

今回取り上げるのは『ショパンコンクール3次』の反田恭平さんについてです。

素晴らしい演奏で世界中を魅了した反田恭平さんですが、演奏後のインタビューにて、悔しさを滲ませていました。

反田恭平さん自身納得していない部分もあったのだと思います。

ネット上ではおそらく『ミスタッチ』のことではないかといわれているようです。

この記事では素晴らしい演奏をしてくださった反田恭平さんへの感想や応援を紹介していきます。

そしてミスタッチがショパンコンクール3次審査でどう影響するのかなども調査しみました。

それでは、まいりましょう。

ショパンコンクール3次の反田恭平さんへの感想や応援!





ショパンコンクール3次での反田恭平さんの演奏を聴いた方々から感想や応援が投稿されていましたので紹介します。

本当に素晴らしかったし感動した人も多かったのだと思います。

 

反田恭平さん本人は少し納得していなかったのかな~というのも感想では多く見受けられましたね。

というのもご本人が演奏後のインタビューで語っていました。

 

※ピティナ広報さんのチャンネルより引用

こちらからすると素晴らしい演奏をありがとうという気持ちしかないのですが、ご本人は少し悔しそうな感じですね。

納得できなかったのはミスタッチのこと?3次審査への影響は?




さて、反田恭平さんが悔しかったのではないかという部分が『ミスタッチ』ではないかと言われています。

 

Q:ショパンコンクール三次予選の反田恭平さんですが、英雄ポロネーズで明らかなミスタッチがありました。
他にいいところがいっぱいあると思うんですが、こういうミスはどの程度審査に影響するものなのでしょうか?

A:ショパンコンクールはもちろん、コンクール全般、曲の表現を中心に審査するので表現に影響しないミスは大丈夫です。3次予選の反田さんの演奏は想像を超えて素晴らしく、その演奏は審査員の方々にも届いたと思います。(後略)

引用元:Yahoo!知恵袋

こういったコンクールでのミスタッチはどのように影響するのかも深堀してみました。

すると、ミスタッチについては審査に影響しない傾向にあるとのことです。

ブーニンだってミスタッチしていても優勝しました。ショパンコンクールに
なると ワルシャワに関しては 音楽性とショパンらしく楽譜に忠実に弾く
事を求められますが、個性が強いピアニストでも入賞はその日の演奏の出来
次第で、チャンスはあると思います。反田さんレベルでは技術も表現力も
大変高い方であるので、ほぼ ミスタッチなどだけで判断はされないです。

ポロネーズ 流石でした!!

 

ほぼ影響はありません。ミスタッチよりも曲全体の評価(全体的な音楽性・芸術性)が重要です。技術に難ある人は、予備予選・一次予選でもう落としているので、二次・三次・本選は音楽性が重要です。ショパンコンクールはミスタッチの減点大会ではありませんし、審査員もミスタッチのカウント係でもありません。明らかに曲を忘れて滅茶苦茶なら評価されませんが、細かい音ミスなんてプロの演奏会でもザラなのであまり問題にはなりません。実際、過去にもかなり大きくミスしていたものの、あまりにも見事な演奏で誰もミスを気に留めなかったということもありますね。反田恭平のミスは全然気になるレベルではありませんでした。(後訳)

引用元:引用元:Yahoo!知恵袋

 

どの部分が悔しかったのかご本人にしかわからない部分も多いですが、演奏を聴いていた人々からすると『素晴らしい演奏をありがとう』ということしかありませんね。

ショパンコンクール3次の結果がどうなるか注目です。

※関連記事

ショパンコンクール2次で牛田智大さんが落ちた理由や感想を調査!応援も!

また追加情報はあれば追記や別記事で取り上げていきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。






この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© イチオシ! , 2021 All Rights Reserved.